フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/28 テーマは「大統領」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」11/11 テーマは「Hなテレビ」 ワールドメイトブログ »

2016年11月 7日 (月)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」11/4 テーマは「お便りだけが頼りです」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ワールドメイトのブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年11月4日
テーマは「お便りだけが頼りです」です。


こんばんは、深見東州です。毎週金曜日のこの時間に、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょう。今日のテーマは「お便りだけが頼りです」です。

便りがなくなったら、頼りないラジオ番組になります(笑)。毎週たくさんのメールをいただいているのにご紹介できないので、今日はメールをどんどんご紹介しましょう。

では、今日という日が終る時間までおつき合いくださいませ。

(CM)

今週もたくさんのメールありがとうございます。

-------------
ラジオネーム:バリカン3ミリ
東京都、30代、男性。

深見さん、セイヤングの作家さん、こんばんは(笑)。
(あの、東海林さんといってくださいね)
今日は、なかなか自分にかまっている時間がなくって、3年ぶりに歯医者に行きました。僕は39才なのですが、未だに乳歯が3本あり、
(いや、ぼくなんか大学入試はずっとめんどうみています。38年ね)
その下には、永久歯が全くない、少年の一部を残した大人のようです(ホー)。歯医者さんのお話によると、最近は歯自体の本数が少ない人がけっこういるそうです。これは進化なのか。
(退化、なのでしょうな)
生まれながらにして老人化している超進化なのか、悩むところです。
---------------

これは私は知らなかったんですけど、東海林さんが、セイヤングの作家さんがね、曰く、歯が抜けたら投げる、こんな習慣あったの知ってるかって。

私は知りません。上の歯が抜けたら床下に、下の歯が抜けたら屋根にと。歯がいつまでも健康であるようにというおまじないだというんですがね。聞いたことなかったです、そういうのはね。

「東州さんは、親知らずはあるんですか」(東海林さん)

いや、親知らずに関してはね、ほんとうに怒りが。

「怒りが」(東海林さん)

親知らずがあったんです。親知らずがあって、痛くもないし、ちゃんとしていたんですよ。しっかりと親知らずで噛んで、奥歯の働きしていて。ところが何にもいわないのに、安物の歯医者さん行ったら、突然ぴょんと抜いて、親知らずがありましたから抜いときましたっていうんだ。

「え!」(東海林さん)

患者にことわりもせずに、勝手に抜くな!っていって。結局その親知らずが奥歯の奥が斜めになっていたんで、痛くもないんでそれでよかったのが、親知らずとったために、支えがなくなったもんで、その後奥歯がグラグラグラグラして、その奥歯が抜けちゃったんですよ。

「あら」(東海林さん)

ちゃんと親知らずっていうの役割があって、痛くもないし、ちゃんとしっかりしていて、別にそれ以上浸食しているわけでも・・・。50過ぎてね、今は65だけども、親知らずが痛くもなく、それ以上成長しないのに。これから先に親知らずが成長して痛くなるわけないだろう。患者にことわりもせず、勝手に抜かれてね。

それで、一番奥の親知らずを勝手に抜かれたもんで、支えておった隣のまともな奥歯がグラグラグラグラして抜けちゃったんですよ。

「本人知らず・・・」(東海林さん)

親知らずより、本人知らず(笑)。勝手に抜くな、このやろうめがって。なんで親知らず抜く。痛くなって困ったときはそうだけどね。痛くもなんともなく、ちゃんと健全に働いて、しっかり噛めるような状態なのに。

ほんとうにその歯医者さんに行って、玄関に、よっぽどウンコしてね(笑)、そのまま帰ってやろうかと思った。その心は、聞かないの?

「その心は?」(東海林さん)

くそくらえだ(笑)。

そういうふうに、よっぽどやってやろうかという衝動に駆られる。それが私にとっての親知らずの悲しい物語ですね(笑)。

まあ、そういうことでですね。バリカン3ミリさんの話を聞くと、どう考えても超進化、退化しているのよね、と私は思いますよ。

「柔らかいものばかり・・・」(東海林さん)

これを見て、CS2の番組でね、ヒストリーチャンネルとか、ナショナルジオグラフィックはいい番組で、カネかけてね。ナショナルジオグラフィックの番組で、イエティが。

「イエティ」(東海林さん)

何度もやっています。イエティの番組が。その時に、情報を集めるんで、国境の向こうに、イエティの子孫がいるっていうのね(笑)。それで、え!というかたちで。

「え!ですよね」(東海林さん)

国境を越えて隣の国に、それがいるということで探したら、いますよということで、男の人が来たら、やっぱり顔がフランケンシュタインみたいで(笑)。ちょっとねデカく。聞くと、6代前がイエティの。

「6代前」(東海林さん)

6代前に、家族と一緒の写真もあって、おさるさんよりも人間に近いような・・・。イエティのメスを子供の頃預かったんか、家で預かっていて、それで、6代前の先祖との間で子供ができて(笑)、その人は6代目なんですって。

それで、自分がイエティと人間との間にできた子孫であることに、誇りを抱いているというのね。

それで、医学的に検証していったら、骨格が全然、アゴが違うと。現代人よりもアゴが大きくしっかりしていて、歯の数が5、6本多いというんですよ。

だからその、親知らずとか永久歯が左右、とくに下アゴが2、3本ずつ多いというんですよ。歯の数も多いし、骨格も大きいし、歯も大きいと。力も普通の人の倍ぐらい、ものすごい力持ちなんですって。

だから、その子も力持ちなのは、人間とイエティのDNAをひいていると。

「6代というと、イエティの血は1/6になっているんですよね。それでもそれだけ違うということは・・・」(東海林さん)

一族はみなそうだということで、イエティと人間の子孫だというんで。メスのイエティと人間の男性との間にできた子供で。という写真が残っていて、これがっていって。

それで、一番大きな違いはっていうのは、3万年ぐらい前の人類の骨格と似ていると。一番違うのはアゴの骨と歯の数と大きさ、強さが違うというね、骨太で。

そのことを思い出してね、それと比べると、結局歯の本数は、アゴが退化しているのと、アゴが小さくなった分だけ歯の数も少なくなるわけなんで、歯の前にアゴの骨格がやっぱり、昔の人と比べるとせり出したアゴがだんだんだんだん小っちゃくなって。

「エラ張った人、少なくなりましたよね」(東海林さん)

そうですね。エラ張り少ないですね。

「今の若い女の子とか、みんな小顔になっちゃって」(東海林さん)

そう。だから、大顔、エラ張り顔。そういうんで、だから必要ないからでしょう。それだけアゴが発達していて、お肉だとか、木の実だとか、そういうようなものを噛んで消化しなきゃならないので、歯が発達して。

「クルミみたいなものを食べていたわけですからね、昔は」(東海林さん)

今はもう柔らかくなって、消化しやすくなっているので、

「クルミじゃなくって、グミ噛んでますから」(東海林さん)

結局、生まれながらに老人化、超進化、退化している。それは必要ないからですね。そういうふうに人類も顔が変わっていくということで、最終的には宇宙人みたいに手足も細くなって、目と頭だけがデカくなるというふうに退化して、必要なものは進化して大きくなるし、不必要なものは退化していくという摂理だから。

だから、歯の本数が少ない人がけっこういるというのが、生活の中で徐々にDNAが必要としない分だけ、結局変わっていくし、歯の前に骨格が、アゴが小っちゃくなるんで。

(CM)

さて、お便りだけが頼りの今週、お便りがないと頼りない番組になります(笑)。
----------------------
ラジオネーム:はるかさん
京都市、33才、女性、会社員。

東州さん、こんばんは。
電車の中で、友達とおしゃべりをしていたときのことです。
隣に座っていた中年の男性がいきなり、お前たちうるさい、と怒りはじめたのです。
私も友達もびっくりして、すみませんと謝って次の駅で降りました。
最近こんな風にキレる人って、恐いのですが、なんでキレる人が多いのでしょうか。
東州さんもキレることありますか。
------------------

キレる人が多い時代といわれて、不寛容の時代とまでいわれているんで、そんなことで事件になる人が多いですけど。

どう考えても、私が思うのにね、友達とおしゃべりしているときのことですっていうのは、おしゃべりの声がデカくて、おしゃべりがノンストップで、ずうっとしゃべり続けて、ほんとうにうるさかったからだけじゃないかと思うんだけど(笑)。

キレるとかの前に、電車の中でいろいろ静かにしたいし、音楽を聴いたり、ひとつ静寂の時間でゆったりしているのに、ベチャベチャベチャベチャと愚にもつかない話を、だんだんとエスカレートしてくると声もデカくなって、そうなのよ、ああなのよって。

それは、キレるキレないというよりも、電車であんまりおしゃべりしないほうがいいんじゃないかと。

それと、確かに以前よりもキレるがおったり、時々西荻窪とかどこかで、キレながら歩いているおじさんいるよね。自転車に乗りながら、なんとか、なんとか、そんなのけしからんなんとかっていいながら(笑)。キレながら自転車に乗って通り過ぎていくおじさんとか。

酒飲んでるのか、日中に、なんだこら、なんだこらといいながら歩いている人がいるんで。

私の場合は、歌いながら歩いていますけどね(笑)。かえって恐い。私の場合はニコニコして空想しながら、ルンルンルンと歌いながら歩いているのは、かえって恐いので、さーっとね、人が遠くの方に離れていきますけどね(笑)。

電車とか、あの、駅とか飛行場に行くと、声が響くでしょう。つい、オペラ歌手って歌いたくなるのね、響くから。

そうすると、一緒にいる人が、あのちょっと、恥ずかしいからとか、ここは警察が来るからとかね(笑)。

うんそうだねといいながら。反響がいいからね、つい歌いたくなる。時々、おトイレでもね、誰もいないなって、すごく響くときには、ビンチェロ~♪、ビンチェロ~♪って、いい響きだと思って。

「それ、便チェロに聞こえますけど」(東海林さん)

おトイレで、おトイレで、トゥーランドットのね。(歌♪)

誰もいないから、声が響くじゃない、ゴルフ場のところでね。それで、ビンチェロ~♪と歌って、今日も調子いいなと思ったら、おトイレからバタッと出ていく人が。

「拍手したんじゃ・・・」(東海林さん)

拍手して出てくる場合もある(笑)。それならいいんだけどね、黙ってなんじゃこいつはって(笑)。大きい方のトイレから気むずかしい顔をして出てきて、なんじゃこいつはって、すっと行ったときは、シーンとなってね。

だから、確かに不寛容の時代といわれる中で、キレるというのはやっぱり、ストレスが溜まってくると、なんか許せなくなってくるというのは、ストレスの多い社会ともいえますよ。

だけど私が思うのは、時代のテンポが違うし、それからずうっと読書してじっくりと座って、活字を読んで、小説とか評論とか本を読書していた人が多かったインテレクチャリズムの時代というんですけどね。団塊の世代とか僕らの世代っていうのは、電車でいつもみんな本を読んでましたからね。

電車で本を読むよりも、スマホとかピッピッピとか、メールとかやっている人というのは、読解力が。活字をしっかり読解していくといって、人の意見とか、人の感情とか、人の考え方を聞くというよりも、自分の意見、自分の気持ちっていうのをいくようなね、人が多くなっているのは、国民総読解力不足と(笑)。

活字読解して、じっくりと物を咀嚼し、理解していくというものよりも、知っているとか知らないは勝負早いですわね。

私の予備校でも、ここ3、4年というのは特にそうでね、スマホでサッサッサッサと見て、わからないときはピッとやる。できないときはわからない、できませんってすぐいうの。

だから、わからない、できないのをできるようにするときに、実力が上がるんで。できないものはできない、わからないというんで、すぐあきらめる。

「へー」(東海林さん)

なにやっても、英文読解、特に古文なんて、恐いっていうのね、。だから、「ゆく川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず」とかね。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり」とか、源氏物語の桐壺になったら「いづれの御時にか、女御、更衣あまた候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが」なんていいセリフがね。

ところが、恐いっていうんですよ、古文が。

「恐いっていうのは、理解できないから?」(東海林さん)

理解できない、見るの恐い恐いっていってさ。古文が恐いかって。結局、英文も全然わからないわからないっていってるんで、文法を理解して、英文そのものがわからないって。
要するに、文章読解全部、漢文とか、古文、英文とか、わからない。スマホ世界なんで、縦にピッピッピっていって、深く理解しないのか。活字読解というものが弱くなって、映像とか、ヴィジュアルにいくでしょ。

どうしたらいいか、しかし入試は、スマホでできないし、ピッピッピっと検索できないからね。最近、将棋のプロがスマホで解法を研究するぐらいといわれているんだけど。

唯一の方法、音読しかないです。

それで、わかってもわからなくても、とにかく音読しようっていって、古文を音読している。「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響あり沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす」とかね。

どうのこうのといって、ずっといっていると、言葉の調べが、だんだんとなじんできたら、だんだんわかってきて、だんだん古文が好きになってきたと。

英語もわからなくてもいい、とにかく一緒に音読していくと、英文のリズムとかテンポとか言葉の調べが頭に入ってきて、だんだんわかってくる。音読しかないですね。

「古文なんか、七五調で憶えていけばいいわけですからね」(東海林さん)

わからない文字を読むということが恐いわけでね。おかしいですよ、ここ2、3年特に、高校生は顕著なんで。キレるより前にわからないというかたちで、深く考えて読解しようとしないんでしょう。

私はそういうふうな不寛容の時代といわれているとき、由々しき問題とは考えない。時代の風潮だから。チャンスと考える、私ね。

そういうキレやすい人間、人の意見をあまり聞かない、読解力が薄い人間の時代ならば、ちょっとキレずにじっくりと人の意見を聞く、自分の意見も穏やかにいう、電車で中年の、まあ33の女の子がベチャベチャベチャベチャしゃべっててもニコニコニコニコ聞いて(笑)、君たちどこから来たのって聞いてさ、楽しそうだねっていうおじさんがおったら、おじさんはどこから来たのっていってさ、仲良くなっていく(笑)。

だから、こういうときは中年男性でも、ここでちょっとキレないで、辛抱強く人の意見を聞き、うるさくても、まあうるさいなというよりもかわいいなと考えて、いかなる時にもキレないと。

いかなる時にも人の意見とか状況を冷静に聞くと。で、活字をしっかり読んで、読解力があると。文章も、漢文も古文も英文も親しんで、難しい言葉もよく読んで、咀嚼するという人がいるとですね、どうなるかと。その人は一人勝ちですよ。

「キレやすいねえ、なんですぐキレるんだ」という人は、自分もキレるんだけども、その中で一人キレない人がいたら、あなたに責任者になってほしい、あなたにリーダーになってほしい、あなたに社長になってほしい、あなたにキャプテンやってほしいということで、その人がすべての人を支配する。キレやすい人をね。

だから、やっぱりリーダーになり、長になり、マネジメントする人というのは、そういう時代になればなるほど、希少価値をもつので、こういうキレやすい時代はチャンスだと。そういうふうに僕は考える努力をしておって、絶対キレないようにいつも心がけております。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしたか。
小さいときの疱瘡っていうのはあっちこっちにブツブツができて、アバタができましたけどね。アバターという映画が出たときに、え、あの顔の人間なのかと思ったら、全然違ってましたね。まあ、そういう疱瘡、水疱瘡。

「アバターもえくぼです」(東海林さん)

アバターもえくぼです(笑)。えー、今夜の放送いかがでしたでしたでしょうか。法曹関係に進むっていうのは、弁護士とか検事とかになるのは、あれは法曹ですけども、漢字が違うね。

あなたの感想、質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ、身の回りのちょっとした出来事など、なんでもメールしてくださいね。たとえ、時計が当たろうと、当たろうまいと(笑)。忘れた頃にまた、プレゼントしますので。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができます。オンデマンドでも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた来週金曜日の夜11時半に。お相手は深見東州でした。
あなたにとって素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。
それではまた来週、お目にかかりましょう。


« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/28 テーマは「大統領」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」11/11 テーマは「Hなテレビ」 ワールドメイトブログ »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村