フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/21 テーマは「好き嫌い」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」11/4 テーマは「お便りだけが頼りです」 ワールドメイトブログ »

2016年11月 3日 (木)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/28 テーマは「大統領」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ワールドメイトのブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年10月28日
テーマは「大統領」です。


こんばんは、深見東州です。
コンサートの中日のこの時間にね、放送をするっていうことがエグいですなあ(笑)、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話しいたしましょうね。

今週のテーマは「大統領」。よっ大統領、なんていうようないい方がありますけども、これ面白い話ね、アテネに行くと、「社長!」っていったら、みんな全員、ギリシャの人振り向くんですって。社長じゃないですよ。自分のこといわれていると思って振り向くらしいですよ。

だからギリシャの言葉でなんでも「社長さん」と呼ぶと、自分社長じゃないんだけど、尊い人を間違えて自分のことをいったんじゃないかと思って、全員振り向くんですって。

「社長さん」っていったら、みんな振り向くって。社長じゃない人は振り向かないですよ、日本人なら。

アテネでは、ギリシャ人、みんな自分が社長だと思って(笑)。恐らく、アテネでギリシャ人に「大統領」っていったら、フッと振り向くんじゃないかと。自分のこと間違えていっているんじゃないかというほど自意識過剰なギリシャ人なんだということをギリシャのガイドさんに聞きました。「それがギリシャの人ですよ」って。

面白いね、ローマの。あの、紀元後っていうのは新しくて、「これは新しいんだよ」って紀元2世紀、200何年くらいは新しいんだよって。

これはわりと古いもんでっていうのは、紀元前5世紀ぐらいね。いいものっていうのは、だいたい紀元前5世紀。

いったいギリシャの人は何に誇りを持っているんだ。いつ頃っていったら、紀元前5世紀。今はっていったら、全然ダメ(笑)。

かわいそうなのはね、オスマントルコがギリシャを征服してから400年以上、500年近くかな、オスマン帝国がなくなるまで、ギリシャ人ていうのは一切教育を与えられなかった。
トルコっていうのは、その当時ですよ。今は違いますよ。それは略奪と破壊しかなかった。トプカプ宮殿みたら、歴代のスルタンが出た、バカでっかいダイヤの塊とバカでっかいエメラルドの原石がありましたよ。

おそらく100キャラットぐらいあるんじゃないの、エメラルドの。握り拳ぐらいの大きさのダイヤモンドですから。トプカプ宮殿に。

それから、マホメットの剣もあった。マホメットの付けていた刀は素晴らしかったけどね。精神性と魂が宿って、すばらしい、さすがマホメットと思ったけどね。

そこで、プールがあるんです、2つぐらい。毎日、その日とれた牛乳をプールに流し込むんですって。それで何するかと聞いたら、300人ぐらい、いろんなヨーロッパ中の金髪とか、赤毛とか、黒毛とか、ヨーロッパ中から美人を連れてきてね、みんな後宮を造るわけ。

それで、そのプールに泳がせるんですって、牛乳の。それで、スルタンが今日はあの子、今日はあの子って。その王様と、次の皇太子の長男と窓から見てて、今日はあの子、今日はあの子っていって指名して。

牛乳できれいに、ツルツルになって。それができるのは王様と長男だけで。それがトプカプ宮殿、それがハーレムですよ。

ハーレムに行ってみたら、お風呂に格子がある。これなんですかって聞いたら。これは女同士の葛藤でいつ暗殺されるかわからないので、裸でお風呂入ってシャワー浴びていると、後から刺されて殺されるんで、自分がシャワー浴びているときにも殺されないために、鉄格子に入って、体を洗って、頭を洗って。背後に鉄格子だからね、入ってきて刺されないでしょう。

これがハーレムかっていってさ。僕なんかもときどき5、6人の女の子、まあ高齢の子が多いんだけど(笑)、ハーレムみたいですねってさ、ハーレムって見たことあるのか、300人ぐらいおってハーレムというんだ。5、6人の女の子とご飯食べているからって、ハーレムといわないんだってさ、私は言い返しているんです。

ま、そういうようなことで、いよいよ11月、クリントンかトランプか、最後のジョカーを出すのはやはりトランプか(笑)。アメリカ大統領選挙がやってきます。では、今日という日が終る時間までおつき合いください。

(CM)

前半のトークが少し長くなりまして、遠くて近きはトプカプ宮殿というんでね(笑)。結局、イスラム教の、スンニ派とシーア派というのは、シーア派が15%でね、85%がスンニ派なんですよ。スンニ派とシーア派というがずうっとね、同じイスラム教なのに対立してるというのは、1300年続いているから。

そう簡単に、スンニ派とシーア派が仲直りするっていうわけじゃない。歴史的にみたらそういう宗教もさることながら政治的な意図でもってきたという難しさがあってね。

いつの日かお互いこのあたりでね、殺し合うのやめて仲直りしようという時期がきてくれたら、うんと世界が変わるのになと思いますけどね。

でもね、プロテスタントとカトリックね。アイルランドとイギリスで爆弾テロで約3000人殺されている。同じキリスト教で、右のほほを打たれれば左のほほを出せ、汝の敵を愛せよというんだけど、とりあえず宗派が違うと爆弾で殺し合っている。

トニー・ブレアのときにアイルランドとやめようということで、仲直りをしておさまったわけだ。プロテスタントとカトリックもね、マルチン・ルターが腐敗しているカトリックの壁に・・・。

500年間、プロテスタントとカトリックやっていたんだけども、前の前のローマ法王の時にプロテスタントのルーテル派の事務総長が黒人の、初めて黒人のイシュマエル・ノコさんという人がなったんです、アフリカの。

それが、本当に素晴らしい人で、私の友人ですけどね。それがルーテル派の事務総長だったときに、500年間カトリックといがみ合ってきたけども、同じクリスチャンであり、お互いイエス・キリストを愛し、汝の敵を愛せというのが。

このあたりでお互い仲直りしないとおかしいよということで、ベネディクトさんの、ローマ法王のほうから近づいていってね。そして、プロテスタントのほうは初の黒人ですから。

そういう人種差別で嫌な目にあってきた、差別というのは良くないというんで、それがやっぱり開けた人だったんで、ノコさんの時に500年ぶりにプロテスタントとカトリックが仲直りしてお互い握手したという。

天台宗と真言宗も長い間ライバルだったんだけど、最近、比叡山の座主が高野山の座主と訪問したというんで。これもだいたい1200年かかっていますけどね。

「共和党と民主党はどうですかね」(東海林さん)

共和党っていうのはね、今日は唐、明日は塩っていうんでね(笑)。共和党と民主党でね、憶えなきゃいけないのは、何を守るかだね。自由放任主義。自由放任主義を守るというのがトランプのほう、小さな政府と減税派なんです。政府はなるべく小さくして、減税をしていこうというのが共和党なんです。

民主党はなにかというのは、その逆で、コントロールしていかなきゃいかんということなんで、大きな政府と増税派なんです。大きな政府、なるべくたくさん公務員を雇って、規制をおいて、税金を高くとっていこうという、それが民主党。

だから、共和党と自民党というのは確かに歩調が合うし、民主党とアメリカの民主党が必ずしも合うとは限らないね(笑)。

アメリカの歴史をみてみたらそういうことなんで、評論家の表現によると、今回の大統領選は最低対最悪というね(笑)。高齢者と高齢者といいますけどね、70才と68才か。

どちらが大統領になっても先行き不安で、健康不安。でも世界の経済を考えるとどうなのかって、まあ世界の平和、立場を考えるとどうなのかっていうんだけど、大統領になったときに、最初の100日間というのはね、誰も何もいわないんです。

100日間という3ヶ月間は、自分のスタッフを面接して大統領のチームを組むような、キャビネットのオフィサーを決めるので、3ヵ月間というのは試行期間というので、大統領就任後の3ヵ月は一切メディアもマスコミも批判しない。

3ヵ月経って、陣営が決まって、やり始めてからどうなのかってことなんで、だからハネムーンの100日間っていうね。要するに蜜のような100日間っていう。

大統領に就任した100日間は、ハネムーンのような素敵な時間というので、誰も絶対に批判しないっていう慣習があるんで。

それ以降に、メディアはどうなのかみていかないといけないわけでね、大統領選ね。最初は特に何もいわない、その時のチームを組んだ人たちでどうなのかで、大統領になってみたらどうなのかっていうことは、選挙の中だけではいえません。

尊皇攘夷だった薩摩、長州が政権とったらどうなるかっていうね。尊皇は天皇を敬って、攘夷、外国を攻め滅ぼせと。

ところが政権とって世界を見てきたら、今、国を豊かにし軍を強くして、文明開化ですから。尊皇は変わらないけど、天皇を中心にしてるけれども、開国で、攘夷とまったく違うからね。

そうやって、政治をとってみたらどうなのかっていうふうにし、結局変わるというのが、改革的に行く立場と、いざ政権とってみて陣容を整えたときに大統領としてどうなるのかっていうものは、国家を考えたときの現状を考えたときに、賢明な人間ならば、そんな極端なことはできないですよね。

だから極端そうな人が実は温和なことで、温和そうに見えた人間が極端・・・。ニクソンなんてお肉が損かと思ったら、うちはニクソンという時計を売っていますけどね。

だからね、最初の100日間は何もいわないんだけど、その後どうなのかを見ていかなきゃいけないんで。

「オバマっていったら、福井県・・・」(東海林さん)

小浜市ってあるよね。うちのスタッフで、羽畑くんという子がニューヨークにいるんだけど、そっくりなんですね。地下鉄に乗っていると、日本人だけど頭丸坊主で、似てるの顔が。地下鉄乗っていると、お前オバマかっていわれる。

「あー、ほんとうに」(東海林さん)

日本人なんだけどね。顔似てんですよ。お前オバマかって地下鉄に乗るといわれるので、「ノー」と。いや、イエスといっときゃいいじゃないかといってね。

まあ、そういうことでですね、みんながどうなのか、最低最悪というんだけども、実際に大統領になってきた、最初の100日間はハネムーンで、何も一切いわない。その3ヵ月経ってから出てきたときに、陣容を整えたときにどうなのかっていうのをみていかなきゃいけないわけで。

「じゃ、来年の1月以降ということですね」(東海林さん)

そうです、そうです。だから、そのあたりから冷静に見て考えなきゃいけないんで、一国の大統領になったら責任っていうことを・・・考えるので、そう選挙の時にいっていたようにはできない、両者もね。

しかし、大統領のときもご主人のビル・クリントンがね、めちゃくちゃ賢い、歴代大統領で最も頭がいいんじゃないかと思って、僕もよくお会いし、一緒にゴルフをした仲ですから。

しかし、クリントンのときっていうのは、そういうので、大きな政府、増税派で、初めて大黒字だったときっていうのは、日本が、逆にいうと、搾取されていた。日本が失われていた10年、20年っていうのはみなクリントン政権のときにやられちゃったんで。

日本にとっては、クリントンの時代っていうのは、非常に厳しい。だから、数量でこれ以上輸出ならないようにという、数量制限してやってしまったからね。自由放任主義ではないんです。管理主義なんで、これ以上の数値になったときに、これだけ貿易規制しますよってことなんで。

日本は本当に、ビル・クリントンの時には苦労して伸び悩みましたよ。その分だけアメリカは潤ったから、アメリカにとってはいいんだけど、日本にとっては厳しい。

だけど、もっと大きな世界的政策を考えていくんで、必ずしも日本にとってマイナスだったからクリントン政権の時はダメだったとはいえませんけどね。

「TPPもね、両方とも反対をいっているんで」(東海林さん)

両方とも反対なんで、結局、農業を従事する人たちの票が大統領選挙の時に影響するので、大統領選挙が終ってからは、ポロンと変わるんじゃないですかね。

選挙の間は、TPP反対っていったら、農業地域のほうからの、畜産農業のほうからの選挙の票ね、票田の多いところ。大統領選でネガティブにやられるからじゃないからと思うんで。

そのあたり、選挙戦がそうだからといって、大統領になってどうなのかっていうことはちょっと分けて考えなきゃいかんよね。政治を考えるときはね。

でもね、ビル・クリントンはヒラリーのことをマイガール、マイガールと呼ぶね。マイガールの選挙があるからね、今忙しいんだとか。

70才の誕生日にね、僕が誕生パーティに行って、小っさいときからビル・クリントンのめんどうをみた先生が行ったときに涙ボロボロ流してね、ギャグをいいながら、皮肉りながら、いかにクリントンが素晴らしいかということをいう。英語でいえばMentor。恩師みたいな人が行ったときに、クリントンボロボロ涙流してね。

アメリカ人にとって、クリントンは、いろいろと女性問題もありましたけども、あれはもう嵌められたというふう考えて、クリントンの時が一番アメリカがいい時代だったということで、どこに行ってもものすごい人気絶頂。頭がものすごい賢い。

2回ぐらい心臓手術しているです。自分が死んだ後の財団が続いていくようにっていうときに僕と会って、僕がわかりましたといって応援している財団のファンディングメンバーなんで、大事にしてくれていますよ。

日本に来たときも、自家用ジェットの費用だけで、ギャラ無しで来てくれた。クリントンを呼ぶと億単位ですけど、僕らそんなに出してない、自家用ジェット代だけです。それでも、ちょっと千万はかかったけど(笑)。自家用ジェットで行き来してるからね。

でもね、実際クリントンと会ったら、ナイスガイです。どこどこどこで、ってみんな憶えている。あのときのパーセンテージが何パーセントでって。マイケル・ボルトンが紹介してくれたんだけどね。

最初のビル・クリントンの選挙の時にマイケル・ボルトンが応援したんですって、それで仲良くなって。マイケル・ボルトンの歌を全部憶えていて、君の歌であっただろう、この歌がなんとかなんとかっていって、歌詞を全部暗唱していて、電話で、なんとかなんとかなんとかなんとかって歌があっただろう。2番がこんなんで、こんな歌があっただろうって、全部歌詞を暗唱していて、電話でいうんですって。

それ、ものすごい記憶力だよっていって。会ってみても本当です。何年度に何パーセントでって、年月日とパーセンテージを全部憶えてる。何年度は何パーセントだから、何年度の何パーセント比べて、何パーセント落ちたから、おそらく5年後くらいは何パーセントになっていくだろうということを、あらゆる数値が全部入っているから、田中角栄をスマートにしたようなものです(笑)、頭脳が。

お母さんがね、再婚で、物心ついたときにお父さんがアル中で、ピストルの弾が耳をかすめたというんで。それで、余りにも乱暴狼藉なんでということで、お母さんが家出して、家出したところ、クリントンとアル中のお父さんだけですよ。

そういう環境の中からクリントン来たんで、半端な脳みそとか、半端な注意力じゃないですよ。そういう体験があるんで、人の心とか、ほんとうに優しい細やかなケアができる。
そりゃ、学術的に賢いだけじゃなく、小さいころから人の何倍も苦労しているからね、あれだけ人望もあるわけだね。

そういうことでですね、大統領の話になってくるとね、最低対最悪なんてメディアがいっているというのは、そんな単純なもんじゃないですね。

ということで、ここで1曲、私が歌っている噂の女ね(笑)、クリントンにも噂の女がいましたけど、

「あはは、そっちですか」(東海林さん)

だけど、どうみても、みんなの同情のほうが多いですねクリントンに対して。モニカ・ルインスキーっていうのが、ものすごい美人ですごいグラマーだったら、えーと思うんだけど(笑)。どうみても、「えっ、この女性が?」っていう平凡な女性の感じの人なので、クリントンも気の毒になあという同情の声があったんで、かえってクリントンは、得しましたね。

「トランプさんもほら、オレはそんな、みろよ、あれの、オレはそんな、触るか、といってまた批判されていましたよね」(東海林さん)

そうです、そうです、だから、モニカ・ルインスキーがそういう人なんで、クリントンは助かったのよね。でもまあ、魅力があるからモテますよ。

それだけ、細やかで優しい気配りができる人なんで。何でも自分に気があると思っちゃうんじゃないですかね。同じなさるのなら、もうちょっと素敵な人(笑)。そういうものすごい美人でグラマーでときめくような・・・。

「プレイメイトのような」(東海林さん)

女優だったら、えー、クリントンというんだけど、「えっ、この子が?」っていうのだったんで、みなクリントンのほうに同情した。女のほうに嵌められたんじゃないか。こんな女性のためにひどい目にあってかわいそうに。クリントンの時代がアメリカにとって一番よかった。累積赤字を全部黒字に変えたんだもんね。

一番良かったっていって、アメリカ人はみんなそういって、クリントン嫌いな人一人もいない。みんな、ビル・クリントン大好き。ヒラリー・クリントンは嫌われるんだけど(笑)、ビル・クリントンは大好き。

「日本人は、栗きんとんは好きですけどね」(東海林さん)

栗きんとんも好きですし、栗も好きですし、トリスという酒も好きですね(爆笑)。

そういうことで、おいといて。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしたでしょうか。
あなたの感想、質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ(笑)身の回りのちょっとした出来事、すごい出来事、えっちな出来事、嫌な体験、変な男、ハゲのおっさんの話、

「なんで僕を見ていうんですか」(東海林さん)

いやいや、なんでもメールしてくださいね(笑)。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができます。オンデマンドでも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた来週金曜日の夜11時半に。お相手は深見東州でした。
あなたにとって素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。
それではまた来週。蒙古もなし(笑)


« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/21 テーマは「好き嫌い」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」11/4 テーマは「お便りだけが頼りです」 ワールドメイトブログ »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村