フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/7 テーマは「台風」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/21 テーマは「好き嫌い」 ワールドメイトブログ »

2016年10月16日 (日)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/14 テーマは「絶滅危惧種」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ワールドメイトのブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年10月14日
テーマは「絶滅危惧種」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話しいたしましょう。

今日も先週に続きまして、私の社長室からお届けしております。社長室シリーズで、この密集感覚があってね(笑)、あっちこっちに時計が並んでおりますよ。

今日はですね、絶滅危惧種というお話しをしたいと思います。まあ絶滅危惧種というと、私思うのは、ハゲのね、リアップだとか、ロゲインだとかいろんなね、髪の毛が生えてくるとかいうのがありましてね。リアップだけが認められているとかいうでしょう、いろんな人に聞いてみてね。

うちの髪の毛の薄い子がいるんですけど、あるときそれがね、ゴルフ場のですね、バンカーみたいな砂地みたいなね、上からテカリがくるみたいだった子が、毛が生え始めてね。
「え」(東海林さん)

グリーンみたいに少し毛が生え始めて、次にフェアウェイみたいに毛が生え始めて、今ブッシュみたいになってね。

「え(笑)」(東海林さん)

とにかく、髪の毛がツルツルだった子が、なんで生えてきたのかっていうのは、秘訣があって、それを聞いたもう一人のハゲの子がですね、また同じように、バンカーからグリーン、フェアウェイ、ブッシュ(笑)。もう今度は森林になったらどうしようかと。

「あら」(東海林さん)

聞いてみたら、結局お医者さんが薦める薬が一番効くということで、それをまた隣の毛の薄い子がみんな聞いてね、お医者さんでもらっている薬が一番効くと。

ただし、副作用は何かというと、ちょっと性的機能が若干衰えるという副作用があるということなんで。じゃ、バイアグラと一緒に併用したらいいねということで(笑)。

そういうふうなのがあるというんで。別にあんまり関係ないよ。もともと旺盛な人はそれでいいし。もともとあるかないかわからないような子だったんで、関係なくどんどん毛が生えているんです。

ということで、絶滅危惧種の話ですけど。それが進化していくとどうなるかというと、毛の薄い男性というのが徐々に絶滅危惧種になっていくんじゃないかというふうに、今私は考えているんです。

「でも逆に男性の生殖機能が・・・」(東海林さん)

生殖機能が薄くなっていくと、どうなるかっていうと、人類が絶滅危惧種になる(笑)。だから、テカテカに男性ホルモンがあったほうがいいんじゃないかと思うんですけど。

徐々にね、ハゲの問題も解決していくとなりますんで、毛の薄い人を見るほうが珍しくなってくるかもしれない。

そういうことで絶滅危惧種の話に戻りますが、野生動物っていうのは、人類の開発によって生存範囲が狭くなる、地球上から貴重な生物が消えていくと。

まあ、そんな生物の話なんですけどね。開発だけじゃないですね、乱獲、密猟。密猟っていうのはポーチっていういい単語があって、ポーチングって密猟するっていうんですけどね。

「ポーチング」(東海林さん)

POACH。あのフランス語のポーチ。袋に入れるというところから、密猟すると。あるいは、縄張りを荒らすという二つの意味があるんですね。あと、ポーチド・エッグというのは袋に入れたみたいな形していますでしょう、お湯の上に卵。

「はい」(東海林さん)

そこからきているという語源を憶えれば、密猟というのはポーチング・アクティビティ・・・。

「一つ英語を覚えた・・・(笑)」(東海林さん)

そうそうそう。密漁というのはポーチング。ポーチというんですね。

というようなことでですね、今日という日が終る時間までおつき合いいただきますように。

(CM)

絶滅危惧種の話なんですけど、絶滅危惧種は、エンデンジャード・スピーシーズ。endangeredは「危険にさらされた」。密猟というのは、さっきいったポーチング。

実は1日83頭の象が毎日殺されて、サイは1日4頭殺されているんです。サイは鼻のアレが漢方薬になるということだから、中華系の人たちは、だから日本がつかっているわけなんで。漢方薬の精力剤になるということで。

象は象牙で。日本だったら印鑑、三味線の街、琴のツメ。中国人はお箸につかったり、・・・につかったりしますでしょう。汎用、広いよね。

「はい」(東海林さん)

だから、ずうっと取引してきたんだけど、結局、日本政府は地域によって象が増えすぎたところを整理して、その分の象牙は取引していいという部分的に認める、恐らくそういう立場なんで、日本政府は、環境省はね。

「クジラと同じ考え方なんですね」(東海林さん)

結局、クジラが増えすぎたところは整理して、その分は取引していいという立場を貫きたいために、象でもそういってるんじゃないかと。

象が全面的に禁止したのに、クジラもそうしろといわれるという政治的配慮でやっているんじゃないかと思うんだけどね。

しかし、クジラの問題と象の問題は違いますからね。食べないですからね。とにかく、1日83頭殺されて、というんでそれを何とかしなきゃいけないというんで、20年近く前にイギリスにできたんですね、タスクというチャリティがね。

年間10億ぐらいのチャリティなんですけど。ウィリアム王子ほか、特にウィリアム王子がペイトロンで、結局ウィリアム王子が生まれたときっていうのは、1982年かな、生まれたときはアフリカ象は100万頭いたんですね。

1970年代は130万頭いたんです。ウィリアム王子が生まれた1980年代の頃はですね、100万頭いたんですね。

ところが去年、お嬢さんが生まれましたでしょう。シャーロット。去年、シャーロット妃が生まれたときは、35万頭しかいなかったわけですね。

「半分以下になっちゃった」(東海林さん)

ウィリアム王子が生まれた30数年前はアフリカ象全体で100万頭いたのが、30年ちょっとで、35万頭まで減っているんですよ。

ということで、日本政府がじゃないんです。そういうふうに増えすぎたところは調節していい、その象牙は売買していいよということが2011年にですね、そういうふうに。

日本政府は、そこの国と同じ立場をとっているということで。

「ああ」(東海林さん)

そこの立場と同じ立場をとりますという環境省の見解なんですけども。そういうふうになったためにですね、ワーッと取引がでて歯止めがきかなくちゃってですね、この2011年から2015年の4年間で10万頭殺されたんです。

4年間で10万頭ですよ。

「さらに」(東海林さん)

4年間で10万頭殺されたんで、去年、シャーロットの時は35万頭になっていたんです。それでも今も1日83頭ずつ殺されているんです。

サイが1日4頭ですけど、それだけじゃないです。自然公園の監督をしている人がいますでしょう。それが1週間に2人殺されているんです。

「人間が」(東海林さん)

だから、ナショナルパークの監督が、密猟を取り締まるための人たちがいるわけでしょう。1週間に2人人間が殺されているわけです。

象やサイ、象牙だったり、漢方薬だったりする、密猟の人たちに大きなビジネスになっているわけでね。2000億とか3000億ビジネスになっているわけです。

一番は、麻薬の売買、次に武器の売買、3番目が人身売買、これヒューマン・トラフィキングといいますけど、4番目がこういう動植物の取引。密猟の取引が2000億以上の産業、4番目の産業になっていて、そういう国際犯罪グループの資金源になっているわけです。

闇取引、違法な取引の闇組織の資金源になっているわけですね。麻薬、武器、人身売買とか、同じようなかたちの国際的犯罪組織の資金源になっているんで、人を殺しちゃうんです。

「あと、最近はテロ組織の資金源に」(東海林さん)

そうです。その資金がテロ組織のほうにいっているわけ。だから、そういうところでテロ組織の資金源にもなっているんで、結局、そういう増えすぎたところに象牙を売買していいという部分的に認めると、それが隠れ蓑となって、密売できるんで、違法な取引も正統な取引も全部ゼロにしないと、全部取り締まって、全部売買を禁止しなかったら、止まらないでしょう。

このままでいくと、あと25年でアフリカ象が絶滅するわけです。アフリカ象もサイもね。25年しかないんですよ、このペースで行くと。

それを何とかしなきゃいかんということで、ウィリアム王子もオバマ大統領と会ったり、その危機を訴えて習近平にもいって。

だから、アメリカと中国は、象牙取引の全面禁止。日本はそこまでいっていないです。14ヵ国ぐらいがまだ全面禁止になっていないのかな。あ、14ヵ国が全面禁止なのかな。

というんでですね、9月22日にパークハイアットホテルの39階で、衛星生中継で、ロンドンのタスクの本部があるところはウィリアム王子がスピーチし、南アフリカのヨハネスブルグで、3年に1回のワシントン会議の国際会議がある。それをサイティスというんですけど、そこの事務総長がスピーチして、日本側が私がISPSですから。

南アフリカのサッカーチームをスポンサーすることで、シンボルマークがサイだったんですね。で、動物もちゃんとしなきゃいかんよと教育を子供たちにしていたいきさつがありましたんで、それでまあ、日本側は私が引き受けてというか、誰も引き受けてくれる人がいないんで、ロンドンと、ヨハネスブルグと、東京の衛星同時生中継でやったわけですね。

「衛星会議をした」(東海林さん)

衛星会議をして、まあ、僕は夜の8時からで、イギリスは1時、ヨハネスブルグは午前中かな。ロンドンのBBCで有名なアナウンサーがやって、南アフリカの事務総長がスピーチし、次に私が英語でスピーチし、これからじゃあ、ウィリアム王子どうぞっていったら、ウィリアム王子が締めくくって話をしたという。

そこにこのラジオチームが来たら、本当に下ネタをいってしまうような(笑)、リラックスするので本当は来てほしかったんだけども、このラジオチームはなるべくやめようと。最低限度の品格を保ったような(笑)もんじゃないといけないな、ということなんで。

フィギュアスケートの安藤美姫、テニスの杉山愛、それからミスユニバースの代表が4人2003年、2008年、2011年、今年のミスユニバース日本代表が歴代4人来て、それから猪瀬さんと平沢勝栄さんも来たかな、ここに呼んで3人で話してたんでね。

そういうのがスポーツ紙にも新聞にも、インターネットにも紹介されましたけどね。Yahooニュースのトップにその日はでましたよ。そういうことは知られてないです。日本は特に関係ないことだと思うんですけど。

そういうことで、24日から10月4日まであった、ワシントン条約の3年に1回の国際会議でですね、満場一致で象牙の取引を100%全面禁止。で、日本側が苦慮しているということで。ワンテンポ遅れているということで。

日本政府としてもクジラのことがあるので、クジラとは全く別ですからね。絶滅じゃないですからね、クジラの場合はね。

「欧米人、クジラ食べないですけどね。日本人はクジラ好きだから食べるけど」(東海林さん)

大事な食料源で、捨てるところ何もない。それをいうなら牛も鳥も、カンガルーも全部ねえ、しなきゃいけないのか。それからイルカだけは保護して。同じような顔したサメはダメっていうなら、動物を顔で選ぶなって(笑)。

サメもほんとうに優れた知能持っているのにねえ、イルカだけを保護して。

「サメは悪役なんですよね」(東海林さん)

サメは悪役で、イルカは善役。しかしねえ、日本にとっては網荒らして、非常に悪役を演じるところもあるわけなんでね。

まあ、そういうようなことで、環境問題っていうのは国際政治においては、非常に微妙なものですね。あの、シーシェパードの連中とか。

環境問題とか、簡単のように思うんだけど、そういう非常に大きな利害関係、国際政治の問題、漁業権、利権に絡んでいるもんでね、そう簡単な問題ではないんです。

ただし、これらの絶滅種をなんとかっていうことは、普遍的に誰もがわかるとこなんで、環境問題というのはそういうふうに繊細なことなんで。地球温暖化とのアレにも関わっていますんでね。

そう簡単な問題ではない、繊細な扱いがいるというのが、国際政治においても、政治においても、扱い方というのは安直に考えない方がいいということなんで。でも、これらのことは誰もが一致することですね。

これはもう、みんながやんなきゃいけないことなんで、私もこれから、これらに関してはやろうと思います。

すべての環境のいくという、フィロソフィーとかイデオロギーになっちゃうとね、これまた微妙な軋轢を生み出しますでしょう。でもまあ、この取引のためにですね、象牙をとるために、自然公園で週に平均2人殺されているんですから。

「それもすごい」(東海林さん)

これは、国際犯罪組織、テロのほうに資金がいくので、何とかしないかんことは間違いないことなんで。誰もがわかっている一番大きな問題から解決していくということは、これはもう誰もが納得できることなんで。そういう問題はするけども、環境問題っていうのは、そう簡単な問題ではないっていうことなんです。

(CM)

今週もメールをいただきましてありがとうございます。
今週は、聞くところによりますとですね、普段にないようなメールがたくさんきたということなんで、この原因はなぜかというと、時計プレゼントがもらえるということがあったんでしょうね。

まあ、時計プレゼントの時に相当メールをいただくということなんで、時々、メールが少なくなり始めた頃に(笑)、また時計プレゼントして。メールをたくさんくださいねっていうときには、また時計プレゼントいたしましょうね。

----------------
ラジオネーム:リンゴ
東京都、30代、会社員、女性。

東州さん、こんばんは。
毎週楽しみにしています。
「しつけ」について質問があります。
1歳半になる子供がおりますが、最近「ママー、ママー」と、私以外がダメで大泣きします。パパもダメで大泣きします。その泣いている子供に、しつけだからって叩きます。ただ、いやがっているだけで、悪いことはしていないのに、叩くことはしつけなのでしょうか。
----------------

あの、いやがるから叩く、叩くからいやがるの繰り返し。しつけと虐待というのは紙一重ですけどねえ。

子育ては、子供を通して親が育てられるといいますけども、思った以上に子育てが大変でっていうんで、育児ノイローゼなんかあってね、でもそのお陰で年とったときに、親の恩を感じる。

子供育てるのは、女の子は女の子で、男の子はもう走り回ってますからね、僕なんか、弟と僕と妹がいたんで、5才から妹を背中におんぶして、子守させられましたけども。母親が忙しいからっていうんで。

でもまあ、こんな思いをして母親が育ててくれたんだ。父親が育ててくれたんだということでね、自分が親になって子育てで苦しんでとなったときに、親もこんな思いをして自分を育ててくれたんだなあと思って、親の恩をね、改めて感じるという。

まあそういう申し送り事項みたいなものなんでね。これがずうっと何万年も繰り返されているという(笑)。これは親の恩を知るっていうことでいいんじゃないかと思うんですけどね。

こういう子供がぐちゃぐちゃいう場合はどうなんかというと、子供が寝ているときにですね、背中にですね、「ママー、ママーっていっちゃダメなのよ。ぐずっちゃったらみんなが困るし、そういうふうにして叱ると、またワーいやだからといって、虐待になるでしょう。だから、ワーワーいわないで、大泣きしちゃダメなのよ」ということを寝てる子供の背中にずうっとお母さんがいい続けると。

要するに背中っていうのは潜在意識の、モロに来るんで。それを何日間か続けているとピタッと収まって、「うん、わかった」聞き分けのいい子になる場合が多い。

「へー、背中に向けていえばいい。もう泣いちゃダメだよって」(東海林さん)

子供が寝ているときに背中に、こうなのよ、ああなのよっていって。だから、犬でも猫でも動物でも、なんかかんかといっていると、言葉わかんないけど、「うん、わかった」って聞き分けのいい子っていうのはピッと感じますでしょう。

「はい、呼ぶと来ますからね」(東海林さん)

呼ぶと来る。言葉わかんないけど、ニュアンスとか、意識とか、テレパシーで感じるわけだね。だから、人間ですから寝ているときは、潜在意識が表に出ているんで、レム睡眠状態とか、寝ているときは潜在意識がモロに出ている。顕在意識が収まったときの潜在意識にテレパシー。

テレパシーっていったって、言葉を通して、丁寧に優しく。ぐじゅぐじゅいわないでね、大泣きしちゃダメよって、毎日毎日寝るときいうと、いつの間にか、大泣きがなおっていたり、いい子になったりする。

「あの、リンゴさんもお子さんに、お父さんもいい人なのよとか」(東海林さん)

そうそう、ネガティブなものよりも、あれをしちゃダメ、これをしちゃダメよりも、こういうふうにしたほうがいいよと、ポジティブのほうがいいエネルギー、いい波動、いいテレパシーなんで、お父さんが来たらお父さんなんとかというかたちで。

「お父さんにも笑って」(東海林さん)

お父さんにも笑って。うんそう、泣いちゃダメよ泣くとみんなが困るでしょうというかたちで。聞き分けにいい子になるために、聞き分けるようにいってあげたらいいわけだ。

そういうことで、すぐに効果が出てくるといっても、1週間、1ヵ月と続けていくと見違えるほどいい子になってきますね。ぜひお試しください。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしたでしょうかねえ。

あなたの感想、質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ、特にあの時計がもらえるときなんかは怒濤のようにメールをくださいね(笑)。そのないときのメールというのはなかなか尊い。無欲のメールというんですけど、どちらもいいんじゃないかと。周りのちょっとした出来事とか、なんでもメールしてくださいね。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができます。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた来週金曜日の夜11時半に。お相手は深見東州でした。
あなたにとって素敵なバラ色の抜群のブレイクするようなおもしろい楽しい、週末が訪れることをお祈りいたします。
それではまた台風じゃないものが来襲しますように、お祈りしております。


« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/7 テーマは「台風」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」10/21 テーマは「好き嫌い」 ワールドメイトブログ »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村