フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月29日 (月)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」8/19 テーマは「おばけ」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年8月19日
テーマは「おばけ」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょう。

今週のテーマは、8月ですので、19日となりますと金曜日ね。13日の金曜日はキリスト教ではわりかし恐い。というのはね、シャバ・シャローム だからね、ユダヤ教では安息日なんですね。まあ、日本人は特に関係ないのでね。

夏はお盆も過ぎたことでございますし、おばけという話でね。夏の遊園地で涼しいところはどこかというと、おばけ屋敷だという。

お盆も終ったんですけど、お盆の話が定番で、恐いですね、お盆にご先祖が帰ってくる、死んだ霊が帰ってくるというのは、おばけのシーズンがお盆という、まあ涼しくなるということなんでしょうけど、これが私はちょっとねえ。

実はね、夏は暑いでしょう、涼しくならないかなあと思ってね、おばけの話がゾーっと寒いといってくるんだけど、夏に涼しくならないかあと思って、寒いクリスマスを思い浮かべて(笑)、作った曲がジャズマンが、あのナット・キング・コールが歌っている「クリスマスソング」。

それは要するに、夏は暑いんでね、雪の降るクリスマスを思い浮かべると涼しくなるだろうということでやるんで、この曲だけはクリスマスソングね、クリスマスだけではなく夏に歌ってもいいと。作られたのが夏だから。

暑いなあと、ちょっとでも涼しくなれることを連想しようということで、クリスマスを思い浮かべて夏に作った歌なんですね。

だから真夏には、おばけをして寒くなるだけが夏を涼しくする方法ではなく、クリスマスを思い浮かべて曲を作って涼しくなるということもあるわけでね。

「でも、南半球、シドニーのサンタクロースはサーフィン」(東海林さん)

1回クリスマスイブをカンボジアで迎えたことがあってね、カンボジアのクリスマスはずうっと暑いんでね、アロハシャツ着てた(笑)。

サンタクロースというのは、だからね、アロハシャツみたいなかっこしていますね。必ずしも寒いときがクリスマスイブではないので。

実はですね、お盆に関して、いいたいのはですね、お盆なんていうのは聖徳太子さんがおつくりになったんです。

お盆がはじまる前は、日本はユダヤ教と同じようにお正月が2度あったんですね。神道のほうはお正月で残しながら、夏のほうは、仏教の盂蘭盆会の説、亡くなった親孝行な息子が、お母さんが逆さまになって苦しめられているという夢を見て、それでお母さんを供養したという盂蘭盆会の説というのがあって、それを夏に、聖徳太子さんが夏のお正月を仏教に結びつけたわけです。

そうじゃないと、仏教は本来は、先祖供養もないわけです。先祖供養というのは古来からある神道、もちろんユダヤ教にもあります。お墓というのもなかったね。位牌っていうのは、儒教からきたものなんで、お墓も儒教からきたものです。

この現実界というものに対して執着心を持つなと、諸行無常、物事は移り変わっていく。諸法無我、物質とか肉体というのはやがて消えていく、だからそういう現実この世のものに執着心を持たないで永遠に変わらないニルバーナ、涅槃寂静、極楽浄土。

禅でいうと、見性成仏したときのバーンと悟りを開いたその境地がニルバーナなんで、それが死んでからも続くと。

諸行無常、諸法無我、だから、この世の執着を持たずに涅槃寂静のニルバーナを目指しなさいっていうのが、仏教の三法印。3つのポイントです。

4番目が四諦八正道。諦はあきらめ。ギブアップではなくて、make it clear ですね。

苦とは何なのか、明らかにするのが苦諦。なぜ苦は集まるのか、集諦。どうすればなくすことができるのか、滅諦。どうすれば無くし続けることができるのか、道諦。

この苦集滅道というのが、苦との戦いというのがお釈迦様がいった。そのために八正道、八つの正しい道を行いましょうというのが、四諦八正道という。

これは、4番目のポイントなんです。1番は、諸行無常。2番目は、諸法無我。3番目は涅槃寂静。これが3つのポイント。

4つ目をいうんだったら、四諦八正道なんでね。だからどこにも先祖崇拝もないし、現実界というものに対して執着心を持っちゃいけないと。

仏教がおばけだとか何とかいうのもおかしいんですよ(笑)。先祖供養もクソもないんです、仏教にはないんです。

日本とか東アジアはね、気候がいいんで、生きているときは幸せだと。唯一の不幸悲しみは死ぬということ。

だから、死というものがなるべく悲しく儚くないために、死んでも子孫が残っていく、死んでも一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌と。お盆の時に帰ってこれると。

死んで肉体がなくなっても、お盆の時に帰ってこれるし、自分の血をひいたものが残っていくんだから、子々孫々。

だから、死ぬといってもね、全部無くならないし、子孫に継承されるし、お盆には帰ってこれるということで、死の恐怖とか悲しみを最小限度にするというのが、日本の儒教の影響なんで。

仏教は先祖崇拝はないわけです、もともとね。先祖というものもないし、仏壇もなければ、位牌もない。

「仏教なのに、仏壇って」(東海林さん)

だから、仏壇ていうのは習合されて、本来儒教のもんなんですね。仏壇ももちろん仏教にない。そういう、品物とか物質に執着を持たないんですから。だから、あれは儒教の影響なんです。

そして、お盆に先祖を供養するというのは、日本の古来からある神道の、まあ神道という言葉もなかったですね。

仏教が来たときに、538年と552年、仏教公伝には2つの説がありますが。そのときに我々が先祖からやってきたことをどういえばいいのかということで、神道という言葉を作ったわけですね。

これは、老荘思想にある言葉で、中国人にとって神道というのは、お墓に行くまでの道を神道という。それから、位牌のことを神道というんです。

日本は、仏教という教えに対して、1万5千年前の縄文時代から続いてきた先祖崇拝とか、カンコツハラ、カンとか、コツとか、ハラとか、生き方とか、風俗、習慣、これらのもの総合して、神道というのを6世紀に、仏教が来たときに名前をつけたわけですよ。

神道の中身っていうのはそういうので、仏教以外の全部ということですよ。

「ストゥーパというのがインドにあったんですよね、それが卒塔婆になったという」(東海林さん)

そうですよ、あれは密教です。英語でいえば「エゾテレブリズム(?)」なんで。これは、日本では高野山と比叡山があって、その元が龍猛、龍智、金剛智、不空、善無畏、一行、恵果阿闍梨、空海という8代が続いてきて、それを聖徳太子が亡くなった、622年、ブジニ越えたよヘジラ遷都。

マホメットがメッカからメジナへね、夜逃げですけどね。ヘジラ遷都したっていうのが622年。ブジニ越えたよヘジラ遷都という。その年に聖徳太子が亡くなったんですよ。

その聖徳太子が亡くなった14年後に、636年に役行者さんが生まれて、11歳ぐらいから夜な夜な葛城山に入って、ご神霊と交流していてね、それが修験道をつくったわけです。

修験道をつくったところに、行基菩薩が行き、空海が行って、日本の山岳信仰が始った。日本の宗教で山岳信仰に結びつかないのはどこもない。ほぼ100%全部日本の宗教は山岳信仰と結びついているんで。それは、役行者、行基菩薩、空海が開いた霊場ですね。それが修験道です。

そういうふうな系譜がある中で、卒塔婆とかどうのこうのきたんですけど、本来先祖供養といっても、お盆といっても、聖徳太子が仏教を、日本人の代々ある先祖崇拝に結びつけないと定着しないというふうに考えたんですね。

そのお陰で、中国でも滅び、インドとか他、滅んでも、ずうっと仏教のあらゆる宗派がいまなお残っているというのは、聖徳太子の功績ですね。

「人は祖に基づき、祖は神に基づき」っていうのが、神道で古くからいわれて、人間はご先祖様からやって来た。ご先祖様は神様からやって来た。

日本の習慣は、お盆は仏教というけども、本当は古来からあるもの儒教の要素に仏教が、聖徳太子の時から盂蘭盆会の一つと結びつけたというだけのことなんで。

けども、これはギリシャとかローマとかも、紀元1世紀に出来たパンティオーンというのがあってね、パンはパンアメリカンのパンでね、ティオーンは集まると。

天井に丸い穴が開いていますよ。床がレンズみたいになっていて水はけが出来るようになって。そこにラファエロの墓もあって。

紀元1世紀に、あのように完成された素晴らしいものがパンティオーン。6世紀まではそこにギリシャの神々、ローマの神々が、多神教であって。6世紀からキリスト教の聖者が祀られるようになったんです。

だから、西暦500何年までは、ローマ、ギリシャの神々が、ゼウスとか祀られて、アテナとか。そこが天井に穴が開いているんですよ。そうすると、太陽がど真ん中に入ってですね、「これ何のために天井に穴開いているんですか」

「これは、キリスト教になる前に、ローマの人たちが花とか、食べ物とか、お酒を捧げてご先祖様に。ご先祖様の先祖の神様がやって来て、一緒にどんちゃん騒ぎをしてね、ローマの人々と、ローマのご先祖様と、ローマのご先祖のご先祖の神様が一緒になって、人間と先祖が神様がワイワイいいながらどんちゃん騒ぎをしている。そして、天井の穴から帰って行くと。穴が開いているから雨が降るわけですよ。」

これがローマの6世紀まであった古来からの宗教だった。日本の神道と同じじゃないですか。日本の祭りもそうで、直会って、直、会うというね。

お祭りの後、どんちゃん騒ぎするね、それは神様と一緒に。だから、お正月というのは、本来人間と先祖と神様が来て、厳粛なるとお祭り騒ぎという。

ギリシャとローマとまったく同じなんですよ、多神教の。そういう習慣を今なお、日本人は続けている。

だけど、キリスト教が来たら一神教になっちゃったんだけど、いっぱい神様がいる多神教というのは許容性があるわね。一個じゃなきゃいけない一神教は、一個信じるか、信じなければ地獄、信じればパラダイス。白か黒か、救われるか地獄か、信じれば神に救われ、そうでなければ虚無思想と。

多神教というのは、ゼウスさんがダメでもアテネがいるし、アテネがダメでもアポロンがいるし、それがだめならポセイドンもいるし、天照大御神が嫌いなら須佐之男もいるし、月読之命もいるし、恵比寿さんもいるしというんで。心の中が救われますよね。明るいよね。

だから、多様性があって明るくって、宗教的に寛容だったというのは、日本人の素晴らしいいいところじゃないかと思うわけでね。

「前枠です。まだ(笑)」(東海林さん)

失礼しました。まあ、そういうんでですね、ほとんど前枠の話で終ってしまうという、すみません。ということで、今日という日が終る時間まで、おつき合いくださいというか。
「もう、半分ぐらい」(東海林さん)

(CM)

それでは、メールを紹介しましょう。
-----------------------
ラジオネーム:バケさん
世田谷区、60代、男性、会社員。

(わりと、ご高齢な方のメールが多いですね、私らの番組は(笑)。ほんとうに私も60を越え、放送作家の東海林さんも60を越え、ヤクシジさんは60近いか。まだ50代だね。デルスウザーラにそっくりだ。白鵬にも似ていますよ。)

私のニックネーム、バケさん。おばけのバケです。ひどいと思いませんか。このニックネームがついたのは、小学校2年生なんです。
学級委員の選挙の時、私の名字の漢字を間違えたアホがいたんです。私の正しい名字は北です。東西南北の北です。
だから、北さんと呼ばれていたのが、北という漢字を間違って「化」と書かれたら(笑)、バケさんと呼ばれ続けています。
東州さんは、どんなニックネームがありましたか。
-----------------------

ニックネームって、ちょっとしたことで決まりますよね。
カワモリタという人のニックネームが字余りというニックネームで(笑)。カネコさんは、ネコさんと呼ばれるほうがいいと思うのね。

刑事ドラマ太陽に吠えろは、刑事が皆ニックネームを持っていましたね。チョウさん、山サン、ゴリさん、デンカ、マカロニ、Gパン、テキサス、スコッチ、ロッキー、ラガーなどね。本名わかんないだろうね(笑)。

みんなニックネームだね。

「ボスは何て名前?」(東海林さん)

ボスだろ。

「トウドウだ。トウドウ係長」(東海林さん)

だからね、ニックネームってね、ひょんなことからつくから、僕はバケさんでいいと思うんですけどね。

北さんというと、ヤジさんと北さんみたいになるし、ホクさんと呼ばれても、北斗七星みたいだから。北さんとかホクさんってつけにくいよね。

バケさんでいいんじゃないですか。

「かわいいじゃないですか」(東海林さん)

かわいいです。それから、バケさんというのは、こういういきさつがありましてっていうふうに、ニックネームがついたいきさつをいうと、ああ北ねえ、それが化けになって、
なるほどねえっていって、その話をすると、セールスマンだったら名前すぐ憶えてもらえますよ。

「東州さんは、人にニックネームをつけたことはありますか」(東海林さん)

しょっちゅう、つけてます。あらゆる人のあらゆるニックネームを。だから、デルスウザーラでしょう。あれ、東海林さんは何ていいましたっけ。

「ハンサム」(東海林さん)

ハンサム、そうでしたね(笑)。だからその、さだまさしのにせ者みたいな感じ。雰囲気似てますよね。

まあ、僕はニックネームといわれるよりも、初代仮面ライダーといわれましてね。藤岡弘のことです。

安倍総理にも、初めてお会いしたときに、初代仮面ライダーに似ていますねといわれまして。

「藤岡弘さん。眉毛が濃いから」(東海林さん)

そうそう。美容院に行ったときに藤岡弘さんですよねって、違いますよ(笑)。藤岡弘さんですよねって。藤岡弘さんですか?ならわかるんだけど、「・・・ですよね」「いや、違いますよ」って。

そういうので、ある時ね、ホテルで、展示会か何か行ったときに、ホテルからでてきたところに、藤岡弘さんが車から降りてきた。

そしたら、ああって、向こうも、私が新聞広告で、仮面ライダーに化身する役者ではありません、ってギャグで。特に仮面ライダーっていうと版権に触れるから、仮面ライダーに化身する役者ではありませんとか、バイクに乗ったヒーローではありませんとか、微妙に藤岡弘って名前避けているんだけど。

よく見て知っててね。ああ、あなたはって。新聞でよく見ていますよって。お会いしたかったって、握手して。二人で写真撮ってね。背が高いんですね、彼はね。お互い似てますね、っていって。

その前は、名高達郎を濃くした人だとか。その前は、太めの神田正輝だとかね。そして、ほんとうに、いやまさかねっていうんだけど、ある人が仮面ライダーやっている役者さんって、最近いろいろ武道館だとか、オペラやったり、いろいろ、ゴルフトーナメントして活躍でねって。

それ、違う人だよ(笑)。ご高齢のおばあさんが何人も間違える人がおったんで(笑)、それで、実際そういう人がおったんで、広告に仮面ライダーに化身する役者ではありませんと、バイクに乗ったヒーローの役者ではありませんとか、半分ギャグで、半分ほんとうに間違う人がいたんです(笑)。

まあ、そういうことでですね、ニックネームがつくということは、存在感があるので、バケさんでいいんじゃないかと。

「愛されているんですよね」(東海林さん)

愛されているんですよ。バケです。といういきさつは、というメールに書いてあるその通りをですね、人様に話すると、ああ、バケさんの北さんですねって、いっぺんに憶えてもらえますよ。

(CM)

えー、今夜の放送いかがでしたでしょうか。
あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ。ターミネータとシーモネータというのは、男の味方ですよ(笑)。ちょっとした悩みなどなんでもメールをください。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができますよ。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。
それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な素敵な週末が訪れますことをお祈りします。

夏はまだまだ続きますのでね、またまたまたまた宇宙人来襲、蒙古来襲、円盤来襲。

「猛暑来襲」(東海林さん)

猛暑来襲だねえ(笑)。それでは、おやすみなさい。



2016年8月18日 (木)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」8/12 テーマは「リオデジャネイロ五輪」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年8月12日
テーマは「リオデジャネイロ五輪」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょう。今日は、また私の小さいながらも自社ビルの、狭いながらも会議室で、声が広いところで、もう先ほどまでずーっと商談しておりまして、それからまた、成立いたしましたんでね。

まあ、そういうので、仕事の合間を縫ってこの番組をしておるわけでございます。先ほどまで事務所で商談しておりまして、続きをここでやるということでね。まあ忙しい中を割って、時間を作ることが尊いので、生きた仕事や社会のことをみなさん、ラジオでお届けできるのも、そういう毎日の中でやっているからで。単なるコメンテーターだけじゃね、生きた本当の話ができないですからね。

今夜のテーマは、まさに始まりました「リオデジャネイロ五輪」というんで。まあリオとの時間差は12時間で、季節もまったく逆ですね。今、リオは冬でございます。昨日の11日から、ゴルフの競技が始りました。片山晋呉プロ、池田勇太プロ。女子は大山志帆プロ、野村敏京プロと。

それにしても、寝不足になりますね、時差があると。全英オープンとか、マスターズになってくると、明け方3時か4時にあるんで。まあビデオ取ってもいいんだけど、やっぱりライブで見たいんで、その頃から起き出したり、7時か8時まで見て寝るというんで。

まあサラリーマンはその頃から見て会社に行くんで、僕もそのままずっと仕事する場合もありますけど、やっぱり心浮き立つものがありますね。オリンピックもそうじゃないかと思います。

では、今日という日が終る時間まで、おつき合いくださいませ。

(CM)

ゴルフがオリンピック競技になったのは、1900年のパリ大会、1904年のセントルイス大会、これ以来の開催ですね。1904年というと日露戦争の起きたとき。日露戦争の時にオリンピックやってたんかと。すごい話ですね。

日本とロシアだから関係ないということだったのかねえ。日本の代表選手に期待することはっていうのは、あまりないんじゃないかと思いますね。

松山英樹と谷原にもオリンピック出てほしかったけどね。たぶん僕も病気するなあ、という気がしていたんで、残念ですけども、1位、2位が出ないんで。池田勇太もねえ、片山晋呉もねえ。池田勇太と片山晋呉は、メディアから一番評判の悪いのがこの2人なんです(笑)。

僕は2人とも大好きでね。でもメディアの対応は一番評判悪くて、マナーが悪い、発言が異常。だけど、それぐらいじゃないと試合勝たないからね。

谷原選手は全てが、礼儀も、マナーも、人間性も、言葉も、ゴルフうまいし、本当にすばらしですよ。松山は、ぶっきらぼうな感じだけど、スポンサーを大事にする。

でも、嫌われ者の2人、私にとっては2人はすごくナイスガイで、私にとっては、片山晋呉も池田勇太も好きですけどね。

そういうことで、有名選手がドンドン、マキュロイにしろ、ジェイソン・デイにしろ。ジェイソン・デイもワールドカップで初めて会った時に、オーストラリアチームが勝ったんですよ、2位がアメリカチームで、日本チームが3位だったね。

その時に、石川遼と谷原が出て。1位の松山も、2位の池田勇太も、3位の片山晋呉も、小田孔明も断って、石川遼が日本の国を背負って喜んで、谷原も喜んでっていうんで。

それで、ワールドカップがあった2013年、1週間前にビザ住友マスターズで、谷原が優勝し、石川遼が2位だったんですよ。ワンツートップで優勝した次の日だったんで、スポーツ紙の人が、「半田会長なんかやったんですか」って(笑)。

ワールドカップに出るという2人がツートップ、谷原が1位で、石川遼が2位でってね。「なにか半田会長、目に見えない仕掛けしたんですか」「いや、仕掛けというよりもちょっとねって(笑)」。特に何もないんだけど。

やっぱり、国のために戦うというんで、金よりもなによりも国のために戦うという、そういう気持ちに運が巡ってきたんだろうなあと。

それで、谷原と親しくなりましてね。石川遼と回りましたけどね、プロアマはね。次の週、マキロイと回りましたけどね。

スエーデンの、北欧の、全英オープン優勝したヘンリク・ステンソン。どのショットも3番ウッドが自由自在に打てるんでね。ヘンリク・ステンソンがいるから、ワールドカップは3位になったわけですよ、谷原と。

ヨーロッパのなんとかという選手が、あのままいくとパーで回ると、日本選手が4位になるんで、日本人頑張ってるのにね、あんたそんなパーとらないで、ボギー叩いてよねって。そしたら、日本チームが3位になるから(笑)、お願いだからって、映像見ながらね。

ゴルフ場の映像見ながら、お願いだからボギーになって、日本チームに3位にさせてください。おたくなんかヨーロッパでいっぱい勝ってるじゃないですかってね(笑)。

ひたむきにやってるんだからってね、映像見ながらですよ。見てたら本当にボギー叩いてくれて(笑)、それで日本チームが3位、銅メダルですよ。ワールドカップでね。

ワールドカップというのは、インターナショナル・ゴルフ・フェデレーション(IGF)というのが管轄していて、オリンピック、ワールドカップのルールを全部、そこがやってるんですね。

世界ではね、R&A、世界のゴルフのルール決めている。そことアメリカのUSGA。日本の場合は、JGAです。ジャパン・ゴルフ・アソシエーションね。

JGAがプロ、アマ含めてハンディを出すところで、日本の場合はシニアとレッスンがPGA、レギュラーの男子がJGTO、女子がLPGA。

PGAは、シニアとレッスンプロと1試合、日清カップヌードル杯だけは規約にあるもんでね。90何年続いていますか、1試合だけレギュラーが残っているんでね。

世界はね、R&Aと全英オープンを主催して、アメリカのUSGA、これが全英オープンを開催しているわけ。

オープンがつくと、アマチュアも予選で出れるようになっている。プロ選手権というのは、プロだけなのね。

だから、R&AとUSGAが世界のゴルフ界を牛耳ってて、そして、あらゆるゴルフの6大ツアーがインターナショナル・ゴルフ・フェデレーション(IGF)を司っている。これがワールドカップ、オリンピックのゴルフのルール作りからなにから全部やっているんです。

実質上はアメリカのPGAがね、いちばん力持っていますからね。みんな親しくしています。6大ツアーみんな親しくしています、会長とね。

6大ツアーのひとつのオーストラリアとニュージーランド、オセアニア地域のが、オーストラレイジアというんですね。それと私の会長をしているISPSがパートナーシップを組みまして、ISPSハンダ・ツアー・オブ・オーストラレイジアといって、1億以上の試合が7つ。あとフィジーとかの試合を全部いれると、14試合やっているのかな。17試合か。

日本は少ない、少ないといっても、まだ25試合ありますのでね。

だから、オーストラリア、ニュージーランドにとっては、日本に来るわけですよ。死活問題なんで。

6大ツアーのひとつが私のやっているのと合併したという、少しでもゴルフ界に貢献できて、スポーツが社会に貢献できるようにということで考えているので、オリンピックに関しても、いろんなことがね、裏の事情をいっぱい聞いて知っているわけですよね。

野村敏京ちゃんとは、親しいというほどでもないが、8年間アメリカのLPGAとオーストラリア、ヨーロッパのレディースのコーサンクションで8年間スポンサーしています。

それで、2008年から、リーマンショックでね、オーストラリアの女子が、オーストラレイジアとは違う、JGAと同じようにゴルフ・オーストラリアというのが女子とオーストラレイジアと合併しましてね、それがリーマンショックで公式戦がなくなっちゃうというときに、ミスターハンダ助けてくれ、なんとかやらないとということで。

賞金金額だけだったんですけどね、6000万ですよ。あとはみんな集めるからということで。まあ、そういうんだったら。しかし、2月試合のあるとき、私、予備校の募集シーズンでいけませんよっていって。それでもいいからということで、代理のものが行くんですけど。

この8年間で、1回だけ行きましたけどね、去年。その時に、リディア・コと宮里藍と回ったんですよね。あまりにも素晴らしい、ゴルフ、人間性、明るさ、カリスマ性。2人とも本当に素晴らしい。

みんなリディア・コのファンになり、宮里藍も本当に礼儀正しくて、謙虚で、優しくて、かわいくて、ゴルフに対するホスピタリティができてね、本当に素晴らしい。

その2人とプロアマで回ったときに、天国に行っている気持ちでね(笑)、いけない、いけないこんな女子のトーナメントのスポンサーになっちゃったら、あまりにも幸せすぎて、他なにもできないから、むさ苦しいような男子のシニアとか、むさ苦しいような男の試合のほうがいい。女子のトーナメントはあまりにも幸せすぎると思ってね。

「むさ苦しいというと、中山さんの顔が思い浮かびますね」(東海林さん)

中山徹(笑)。そういうんで、8年間やっていて、野村敏京が今年2月に優勝してくれたんで、おかげで、うちの契約シニアのプロが、「いやおたく、野村敏京が優勝したのが、ISPSって、おたくが世話になっている専属先じゃないの」「そうだよ」「いろいろやってるんだね」

いろいろやっているって、8年やっているんでね。野村敏京ちゃんが優勝してくれたお陰で、テレビのニュースでも出てね、日本人が勝ったら放映されるんで、それまではもう、カリー・ウェブとか、リディア・コとか、申ジエとかね、あと背の高いジェシカ・コルダとか、優勝してても全然日本で報道されないけどね。

敏京ちゃんが優勝してくれたお陰で、日本人にトーナメント知ってもらって。日本語も格助詞の使い方が変で、英語もそんな英語ですよ。韓国語が一番得意で、お父さんが日本人で、お母さんが韓国で。高校は韓国なものだからね。

韓国ではよくいじめられるんですって。で、僕は素晴らしいと思うよって、ハイブリッドだからね。

お父さん日本人だから、オリンピックの選手だったら、国籍日本だからね。でも、お母さん韓国だから、韓国の人も誰が勝っても日本って腹立つかもしれんけど、敏京ちゃんはいいかーって、お母さん韓国だから(笑)。

日韓の両方から応援してもらえるからいいんじゃないのっていってね。ハイブリッドだよ、君はっていって。

「あ、ありがとうございます」って、さっぱりしてるのがいいよね。

そういうんで、私のやっていたISPSハンダ オーストラリア女子オープンから調子づいて今、ワールドランク20何位で。その時はオリンピック候補にも入ってなかったんだね。

大山志保ちゃんとは、うちの女子の専属契約しているのは酒井美紀ちゃんで。酒井美紀ちゃんが2回優勝したときに、スポンサーがパーティーをしたんですね、オオクラで。

その時に、大山志保ちゃんが来たんですね。それから、不動裕理も来ました。それが、見た目以上に小柄でかわいくてね、足が引き締まってて。映像で見るより実際会ったら、本当に、大山志保って感じのいい、スタイルも姿も素敵な女性ですよ。

「大山さんはね、お父さんをどうしてもオリンピックに連れて行きたかったって」(東海林さん)

ああ、そうなの。宮﨑出身で、確かお父さんがタクシーの運転手をしていて、飾らない人で、宮﨑弁もろだけどね。ものすごい、いい人ですよ、大山志保さんってね。

「今年、フジサンケイレディスクラシックに優勝したんですよね」(東海林さん)

ものすごいいい人、美紀ちゃんと親しくなって応援してくれてて、美紀ちゃん優勝でっていうんで、来てくれて。

あと、比嘉真美子ちゃんとはジュニアの頃から親しいのね。飛ばし屋だけども、ちょっと今、ドライバーイップスみたいのにかかってね。

そういうふうに、オリンピック選手みな面識があって、親しくしていますよ。それほど濃くは親しくないけどね。

だから、結論をいうと、4人とも全部応援していると。

メダルというのは、すごい強豪がいるけども、何が起こるかわからん。ワールドカップで私がスポンサーしたときは、日本チーム3位になったんで、とにかく、いいゴルフをして、日本人選手ここにありということを示してくれたら、それでいいんじゃないかって。

阪神タイガースのファンですからね(笑)。巨人ファンは常に優勝、優勝、優勝、強くなけりゃいけないけど、阪神タイガースのファンはね、強すぎると気持ち悪くなるんだね。期待しないときにふわーって強くなって、応援したらガタガタって落ちるでしょう。で、忘れた頃に優勝したりしますから。

それだけ、ファンはハラハラドキドキする。強そうで弱く、弱そうで強いというところが、阪神はかわいいんで、必ずしも強いのがいいとは、僕は思わないんでね。

これが阪神ファンのファン意識なんで、私もだから、これらの4人のオリンピック選手は、それなりに頑張ってくれて、1日でもいいから上位10位に入ったら、後は最下位になってもいいんじゃないかなあって(笑)。

それがかわいいと。それがかわいいから応援するというね。強いのがいいっていうのは、巨人ファンは優勝して強いのがいいわけなんで、松山選手を応援してあげたらいいね。

私はそういう意味で、4人の活躍を心から祈っているし、いいゴルフをして、1日ぐらいベスト10に入ったらそれで満足(笑)。そういうゴルフファンですね。

(CM)

それじゃこのあたりで、メールを紹介いたしましょうかね。

----------------------
ラジオネーム:キョウコさん
世田谷区、60代、女性、主婦。

東州さん、こんばんは。
先日の武道館、10時きっかりまで(笑)、楽しませていただきました。
ありがとうございます。
オリンピック中継を見ていると、19才の息子が格好いいなあ、金メダルほしいなあ。
でも大学生から始めても、出られる競技って何かあるって。
みんな小学校に入る前からその競技をしてるわけで。
東州さん、なにかありますか。

----------------------

構成作家の東海林さんは、乗馬がいいんじゃないか、っていうんですけど。そう簡単にオリンピック選手までになるのは、死ぬほどやらないと。

大学の乗馬クラブに入って、死ぬほど頑張って、まあ、大学チャンピオンなんかになったら、出られる可能性はなくはないと思いますけどね。

「そうすると、50、60でも選手になれます」(東海林さん)

ほっけ?

「法華津(ほけつ)さん」(東海林さん)

法華津(ほけつ)さんって、なんかかっこいいよね。日本は、バロン西というのがね、オリンピックで金メダルとって、硫黄島で戦っているときにバロン西がいるというのでね、バロンっていうのは、男爵の位をもらったくらいだから、女の場合はバロネスというんですけどね。

だからその、硫黄島の米軍が玉砕するよりも、バロン西だけは助けたいからって、「いや、日本人として共にここで玉砕して共にいきますから」といって、申し出はありがたいけども、それはできない、一緒に死んでいくと。

そんな日本人のハートからいえばそうですからね。それで、硫黄島で玉砕していったというのが、残っていますよね。

だから、乗馬っていうのは、そういう意味で、戦国時代から日本は馬に乗っていますので、伝統がありますよ。

でまあ、警官とか自衛官になったらライフルでやれるんじゃないかというのがあるんですけど、実はですね、アーチェリーが、私このあいだ、日本アーチェリー協会がですね、50周年で、安倍総理がですね、成蹊大学のアーチェリー部だったんですって。

ところが、親しくなって、東州さん、なかなかスポンサーが厳しいんでっていうんで、まあそんなに思い入れがあるんだったらってスポンサーしたところで。

オリンピック競技だし、日本はメダルも取っているんでね。それで、5~6年前から、オフィシャルスポンサーなんですよ。

それで先日、オリンピックに出て行く壮行で、古川とか女性が3人かな。男子は個人で、女子は団体でいけるんだけど、その古川選手はですね、近畿大学なんです。もう一人の女性が同志社で、もう一人がミキなんとかにいっているんで、女性のうちの一人が近畿大学。

近畿大学っていうのは、アーチェリーが強いわけ。

「ナマズも近畿大学です」(東海林さん)

ナマズも近畿大学。マグロの養殖も近畿大学(笑)。だから、へーっと思って。なにがいいたいかというと、近畿大学のアーチェリー部に入ったら、オリンピック選手になって、オリンピックに行ける可能性があると。

「かもしれないすね(笑)」(東海林さん)

だから、大学から始めるという人もおってね。

「高校からアーチェリーを始めたそうです」(東海林さん)

あ、古川選手は、高校からアーチェリーを。だから、高校から始めてもオリンピックで銀メダルを取れるわけなんで。

だから、大学から始めても、オリンピックに出れます。可能性がね。

だからね、近畿大学。

「世田谷区にお住まいなんで、近畿大学は大変かもしれないですね」(東海林さん)

大学に行くと、国体とかも出れるし。

ということで、アーチェリーはこれからもお勧めです。

(CM)

えー、今夜の放送いかがでしたでしょうか。
あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ。ちょっとした悩みなどなんでもメールをください。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができますよ。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な週末が訪れますことをお祈りいたします。

それではまた素直に蒙古来襲。




「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」8/5 テーマは「汗」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年8月5日
テーマは「汗」です。


こんばんは、深見東州です。
今夜もまた私の事務所からお届けしております。声の響きがなんかエコーがかかってますでしょう。えー、エーコー時計という時計屋さんがありましてね(笑)、ロレックス売っているんですけどね。エーコーゼミナールというゼミがありましてね、上場しているね。えー、似てますね、どこが似ているかしらないけど(笑)、エコーがかかる。

まあ、そういうことでですね、毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょうね。いよいよ8月ですね、

今夜のテーマは「汗」です。汗にも何種類かあって、スポーツの汗、熱中症にも気をつけなきゃいけない、必要な汗。冷や汗、少し恥ずかしいような恐いときの手に汗握る汗ね。
では、今日という日が終る時間までおつき合いくださいませ。
ちなみに、汗というと、最初にいわせていただくと、ポカリスエットってあるじゃないですか、あれを外国人に、「very popular japanese a thing named Pocari Sweat」「ホワッツ、汗、飲むの?」っていってさ。

カルピスもそうですね。ピスっていうのは、おしっこの意味だから、輸出用はカルピコっていっていますよ。日本だったらカルピスでね、英語はピスって、おしっこだから、「おしっこ飲むの?」って。

「カルピスって、牛のおしっこに聞こえるんですよね」(東海林さん)

カルピス、あっ、そうですね。だから、カルピコっていう名前にして輸出している。

汗ということに関しまして、ネーミングには気をつけなきゃいかん。思わずあせってしまうということでございました。

(CM)

えー、汗にもいろんな汗がありますね。大きく分けて3つの汗があるといわれています。誰がいっているのか知らないけどね(笑)。

スポーツの汗、これは女性が気にする腋汗(わきあせ)っていうのを、私初めて。着やせっていうのは知ってたけども、腋汗っていうのは。着てもやせて見えるのが着やせですけども、そうじゃなくって、腋の汗。なんか、女性が気にするらしいんですよね。

女性がつり革持っているときに、片手で腋を押さえながらになると、よけい気になるよね。

人に腋の汗は見られたくないというんですけど、男性から見れば、どこかエロティシズムを感じますのでね。

汗かいたら誰だって汗がしみになってるんじゃないかと、どうってことないんですけどね。そんなものよりも、顔とか足のほうが気になるけどね(笑)。でも、人間の体はですね、本能的に汗をかくようになっているわけですね。

その3種類っていうのは、まず何かというと、暑いから汗をかいて体温の上昇を防ぐという非常に生理的な価値のある汗ですね。こういうのを温熱性発汗という。

それから、精神性発汗といいましてね、冷や汗。緊張したときに手に汗握りますでしょう。そういう緊張したときの汗が精神性発汗という。

もう一つはですね、辛い料理を食べたときとか、おでこに汗をかくんですけど、辛いというときにね。特に緊張もしないし、特に暑いわけじゃないんだけど。なぜ、コリアンダーがいっぱい入っているカレー食べたら汗が出るんかというね。あれは、味覚性発汗というわけですね。

発汗には、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗がありますね。

まあ、週刊誌とか雑誌でしたら、出版性発刊といいます(笑)。

「文春にやられると汗かくという、ですけどね」(東海林さん)

汗っていうのは、面白いですね。でも、恐いのは体温が気化熱によって調整されるのはいいんだけども、水分が出ちゃうもんだから、血中濃度が濃くなっちゃって、脳梗塞、脳溢血とかね、なる可能性があるので。脳梗塞、脳溢血、心筋梗塞ね。

だから、水分をたっぷりお取りくださいっていうのは、熱中症になるだけじゃなくって、中高年の血液がドロッとした人なんかはね、水分を、一人2リットルとかね。年とったら半分ぐらいでしょ、水分が。

水も滴る美人というんだけども、水が滴らなくなるね、年とったら(笑)。それを英語では、いろんなものが上がっちゃうのをドライアップというんです。

「ドライアップというんですか?」(東海林さん)

あんまり、女性にドライアップなんていうと、ドライアイスみたいなひどい目にあいますよね。

年とってきたら水分が少なくなるんで。2リットルというのは、1リットルは飲めてもなかなか2リットルは飲めないね。努力しないと。

「大腸がん検査の時、それぐらい飲まされますけどね」(東海林さん)

常に、水は努力しますと、頭がしゃきっとしますね。

そういうことでですね、汗には3つの種類がありますが、ここでメールを紹介しようかなと思うんですがね。

--------------------
ラジオネーム:恐いの嫌い
鹿児島県、40代、女性、会社員。

東州さんに質問です。
人はなんで恐いものや、恐怖体験が好きなんですか。
(いやー、人によって好きな人も嫌いな人もいるんで(笑)。)
全ての人が恐怖体験が好きとは限りませんが、私の夫、そんなものばかり連れて行くんです。私大嫌いです。ジェットコースターもお化け屋敷もバンジージャンプも嫌いです。
--------------------

いや、そう、切れ痔、イボ痔、バンジーっていうのは(笑)、いかない方が、避けたほうがいいですね。ニュージーランドにね、会社も家もありますし、ISPSハンダ・ニュージーランド・オープンのスポンサー、今年からやっておりますのでね。来年以降もやります。
それで、バンジージャンプの発祥はニュージーランドでね、結局あれだと首痛めるのでね。

「なんか、無理矢理、背中とか伸びるわけですものね」(東海林さん)

うーん、首痛める人が多いので、やめたほうがいいし。お化け屋敷もですね、お化けのね、いわば浮遊霊とか、変な霊を吸い込んじゃうからなるべくいかない方がいいし(笑)。ジェットコースターもね、上がり下がりすることによってね、心臓とかに良くないんでね。

医学的根拠でですね、旦那さんにいうべきですね。

「東州さんも嫌いなんですか」(東海林さん)

あのね、高所恐怖症なんですね。母親に、なんで僕は高所恐怖症なのか、高いところにいくと足がジリジリしてね、ヒッチコック監督の「めまい」っていう作品がありますけどね。高所恐怖症の人の、面白い作品だけど。

なんでこんなになったのかなあ。弟とか妹はそれほどでもない。僕だけがなんで。

「東京タワーとか登ると」(東海林さん)

もうダメです。

あるとき私の頭を見たら傷ついているんです、頭頂。なんで傷ついたのか母親に聞くと、それは僕の子守をしてくれた、父親のおじいちゃんの、腹違いの後妻さん、3番目の奧さんの、最初の奧さんは結核で、2番目の奧さんも別れて、3番目の奧さんのお嬢さんでミキちゃんという子がおってね。

その子が、僕が赤ちゃんの時に子守してたんですって、その時、手すべって僕を落としてね(笑)、頭から落ちて、障子の桟の角に頭から落ちて、それで頭から血が出て怪我した。

そんなのを、中学か高校のときに知ってね、なんでここにキズがあるんかなあっていったら、あんたが赤ちゃんの時にミキちゃんが子守するときに手すべらして、うっかり落として、頭から落ちて、それで、障子の桟の角に頭から落ちて、ここ怪我して、血だらけになった。

だから、その小さいときの頭から落ちた衝撃っていうのは、潜在意識に残っているんだなと思ってね。

僕の知っている人で、池の金魚を猫がピュッと捕って、バリバリバリバリバリと生で猫が金魚を食べているのを見て、ワー金魚かわいそうというところから、魚が食べられなくなったと。

それから、あるお母さん、ネズミがダメっていうのが、なぜかっていうとね、猫がネズミを捕ってブラブラしているのを見てから、ああネズミもダメ、猫もダメなんです。

「ゴキブリは、なんでダメな人多いんでしょうね」(東海林さん)

ゴキブリは、僕なんかは大好きですけどね。

「えーーー!」(東海林さん)

あの、ゴキブリ見たらとにかくハンティング精神が出てですね、輪ゴムでいつもバーンとゴキブリを。こういうので取ったり、ゴム銃だったり、いろいろな技でね。でも今はゴキブリ見たらもう、エアーサロンパスが一番効くね。

エアーサロンパスはですね、あの天井の端っこの角の所いくんで、進路の方向からスーッとエアーサロンパスをキリで近づいていくと、だんだんだんだんキリの中で、エアーサロンパスつけますと、ピリピリしますでしょ。

ゴキブリめ、まいったか、お前も手足がピリピリするだろう。お前の炎症止めをしてやるわいというかたちで。

ゴキブリが徐々にうっうっうっとなって、ゴキブリの動きが弱くなって、ポトッと落ちて、さらにずっといくと動きが鈍くなって効いていますね。

チャバネゴキブリていうのはかわいいんだけど、でっかいのが、女性はみんないやがるなあというんで、おそらくイモリとかヤモリとかトカゲとかゴキブリがイヤな。

おそらく地獄におった人というのは、地獄にはそういうものがいるといわれていますので、地獄におった経験が多いお方は、生まれながらに地獄の日々を思い出すのか、ゴキブリ、ネズミ、ゲジゲジ、ヤモリ、イモリ、こんなものが、ジメッとした湿ったような暗い空間にいるじゃないですか。

そういうおぞましいものの象徴じゃないですか。だから、私としてはゴキブリ見たらもうエキサイティングして、捕獲したくなる。

でもね、牢屋に入っている人なんか、ゴキブリを食べたりしている。お腹すいて、飢え死にしそうな人はね。ゴキブリを食べる民族もいますからね。

「ゴキブリをペットで飼っている人もいるんです、世界的には。日本がけっこう嫌っているんです。」(東海林さん)

そうでしょう。そりゃね、ゴキブリが後でウーッと殺さないでほしかったと断末魔の時にいっている気がするんだけど、だけどお前はあらゆる病原菌を運んでいくじゃないかと。
ゴキブリがどれだけ、お前が病原菌とかウィルスとかいっぱい運んでくるからね、こういうふうにワシにぶち殺されてもしょうがないんじゃと。

病原菌がきれいなものだったら、天ぷらにして食べてやるけどな。お前は病原菌を運んでいる、人間生活に悪い影響を与えるからこうやってお前は成敗されるんじゃっていって、引導わたすと、ゴキブリが分かりましたといってね、そのままスッと死んでいくというね。というふうに感じるわけ、いつもね。

だからゴキブリがあらゆる菌、ウィルス、バイ菌を運んでますよ。あれを食べる人がいるというのは、菌に強いんだろうけどね。

ゴキブリだけは、女性みんな嫌いですね。

「男でも嫌いです」(東海林さん)

あっそう。

「僕もダメです」(東海林さん)

ダメですか。僕はあらゆる虫が好きだからね。小さいときは虫の中に生きておったんで、あらゆる虫が好きですよ。

昆虫っていうのは本当によくできていますね。昆虫というのは、先週見ても、今週見ても、昆虫というんですけどね(笑)。こんちゅうちゅうに昆虫と遊びたいということでいつもいうわけなんですけどね。

話は元に戻りますけども、恐いのは嫌いっていうんですけど、誰だって嫌いですよ、そんなもん(笑)。

でも、恐いもの見たさっていうものがあってね。キャー、キャーっていうのが、ストレスの発散になるんですよね。

そういうのは、私たちの用語でいいますと、非日常の体験っていうんです。日常のルーティンワークの中に、非日常の体験っていうのは、例えば、お能にしましてもお祭りにしましても、神主さんとかお寺さんでもね、右に3歩歩いて、上に見て、左に3歩歩いて、横に回転する。

ダンスとか、お能とか、日舞とか、それから式典ね、あんなのなんかお祭りすると、なんかスカッとするのは、非日常なんですね。

もちろん、ワーっと盛り上がるのも非日常ですし、右に3歩、左に3歩、後ろに回転して、ああっと叫んで、ワーっというようなこと、お台所でやっていると、料理ができないね。
だから、ああいうものは非日常の体験することによって、リフレッシュしていくっていうね。

進撃の巨人っていうマンガがですね、大ヒットしてますね。世界中で5000万部とか。ああいうエグいような、人をバクバク食うような。アレなぜ人気あるのかっていうのは、作家がね、トラウマになるようなマンガを描きたいと。見たらね、トラウマになるようなマンガが描きたいということで。

そういうホラー映画の好きな人。僕なんかB級ホラー映画が好きですけどね。見え見えですから。チャッキーっているじゃないですか、チャイルドプレイという。あれはなんか、最初は恐いんだけど、チャッキーという人形に悪霊が乗り移って、バーっと人を殺していくというね。

バーっとチャッキーが走っている姿というのは、いかにも作り物ぽいところがなんかかわいいよね。B級ホラー映画が好きですけどね。

これはね、オーッと恐いというのが非日常の体験。日常の中でルーティンワークでいくのが、あの面白かったっていう、そういうスリルですね。スリルとサスペンスのスリルを感じるわけですね。恐いもの見たさっていうよりも、スリルですよ。

ということでですね、温熱性発汗、精神性発汗、味覚性発汗からですね、エグい話になって、発汗が発禁というふうに(笑)、発売禁止のような放送禁止のようなエグい話になったので。

(CM)

さて、もう一つのメールにお答えしたいと思います。
-------------------
山形県、40代、女性、主婦。

こんばんは、いつも楽しく拝聴しております。
東州さんは体調がすぐれないとき、これを食べれば絶対元気になるという食べ物とか、飲み物ありますか。是非教えてください。
-------------------

それは、いっぱいありますよ。それはもう。

「例えば、どんなものがありますか」(東海林さん)

例えば、ここ一番というときは、ユンケル黄帝ですね。これは、東京ではユンケル皇帝ですけど、関西では「薬局行って、ユンケルこうて~」(笑)。

すみません。ユンケル皇帝もいろいろなランクがありまして、

「3000円ぐらいのありますね」(東海林さん)

あ、3000円ぐらいのありますね。それと疲れたというときは、アミノバイタルですね。本当に疲労、乳酸を溶かしてくれるんで。

寝不足の時っていうと、横になっているときに血液作られるんで、寝不足になったら、血が作られないんで、貧血状態になってくると、ポカリスエットよりも、OS-1ですね。1本か2本飲むと寝不足で疲れたときはシャキッとしますね。

飲み過ぎたら糖分が多くて太りますから、あんまり飲まないように。ここ一番寝不足で、もうちょっと、元気でないときはOS-1をぐっと飲みます。そしたら元気になります。

それから、他に元気ないときっていうと、手足がピリピリするとかね、だるいとき、ゴルフなんかは。実はカコナール飲むんですね。

「カコナール」(東海林さん)

葛根湯のね。葛根湯飲むと手足がポカポカするでしょう。手の痛みとかあるときにね、もうだるくてだるくて。

「かぜ薬ですよね」(東海林さん)

かぜ薬です。そうするとね、気持ちよくね、手足がハッピーというかたちでね。風邪の症状に出ますからね、だから、葛根湯のカコナールというドリンク飲むと、手足がほんとうに楽になってくるんで、寒さとか痛さ、元気でないときは、漢方薬ですので、飲むとですね、手足が元気になってくると。

「食べ物とかはないですか」(東海林さん)

食べ物はもちろん、たくさんあります。食べ物はですね、元気が出ないときは何かというとほとんどの場合は、炭水化物を摂ったときなんですね。

炭水化物というのは、腸に吸収されるときは、ブドウ糖になりますから、だるくなるんですね。

だから、だるいなっていうときは、だいたい炭水化物、ごはん、うどん、スパゲッティとか、炭水化物を摂ったときがだるくて元気でないんで、なるべく炭水化物を摂らないようにすると、血中濃度の糖分のね、血糖値が上がらないんで元気です。

だから、元気でない、だるいなというときはいろんな種類あるんだけども、多くの場合は、血糖値が上がることによってだるい場合が多いんで、なるべく炭水化物を摂らないようにしています。

それで、元気が出るときはなんといってもニンニク。ニンニクはいろんなところが元気ですぎるので、困りますね(笑)。元気になるのがいいとはかぎりませんね。

まあ、そういうことでニンニク。もう一つ、喉とか体がだるいというときは、ビタミンのアリナミンとチョコラBBですね。ビタミンB1、B2、B3。それは、筋肉の疲労を回復してくれるんで、ビタミンCとビタミンB1、B2、B16、オペラ歌手っていうのは喉とかだるくなってくるでしょう、アリナミンとチョコラBBを多めに飲むと元気でます。

で、ここ一番、だるくて、だけども今から演奏しなければいかんとか、みんなの前で話ししないといかんというとき、くそー、ここ一番の気力がというときには、ニンニク注射といって、ニンニクの臭いがするんだけど、総合ビタミンの注射をしてもらいます。

今まではずっと注射が大嫌いだったんですけど、あるときから注射大好きになりましてね、注射を愛そうと思いましてね、注射の自分を考えました。注射している手元を見ないで違うところを見て、痛くない、痛くない、痛くない、痛くない、痛くない。

だいたい看護婦さんみんな笑いますよ。痛くないもんね、痛くない、痛くな~い、っていったら、痛いんだけどね、最小限ですよ。

だから、注射するところ見ないで、目線をそらして、痛くない、痛くない、痛くない、痛くないも~んというと、あんまり痛くなくなっちゃって(笑)。

そういうことで、注射が大好きになりましたんで、ここ一番というときは、看護師さんが来てくれて、そうすると数分後からグワーッと、それでもダメなときは、2本打ちますね。

そうしたらね、グウー、やるぞーという最後の気力が出てくる。それでもダメなときは点滴ですね。それでもう、私にとっての天敵は美人です(笑)。美人が来たらもうダメ。

まあ、それ置いといて、そういうことで、いろいろ天敵はいるけど、最後はもう点滴を打ってもらって、ビタミンと回復力。それからバイ菌がいるときは抗生物質入れますけど、これを補給するとですね、点滴が一番元気になりますね。

だから最後の手段は点滴。普通はビタミン注射で元気になる。そういうことで、疲労度によってですね、会議や責任やコンサートの時っていうのは、いまのようなかたちで、段階を踏まえてですね。というところがですね、元気になる具体的な私のヒントです。

(CM)

えー、今夜の放送いかがでしたでしょうか。
袖擦り合うも多生の縁といいますが、エンディングでございます(笑)。

あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ。ちょっとした悩みなどなんでもメールをください。もう11時半の深夜枠ですからね、何でもありですよ(笑)。うんこの話でもいいですし、ゴキブリの話でもいいですよ。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができますよ。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きくださいね。

それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。

それではまた久しぶりに蒙古来襲。ウルトラマン来襲、UFO来襲、宇宙人来襲でございました。



2016年8月 6日 (土)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/29 テーマは「七福神」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。


2016年7月29日
テーマは「七福神」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょう。今週のテーマは「七福神」です。大黒天、毘沙門天、恵比寿天、寿老人、福禄寿、弁財天、布袋さん、七つの神様のグループ名と呼んだら、罰が当たるかもしれませんが、7月29日はですな、語呂合わせで、729(七ふく)ですね。

こういう語呂合わせが好きな放送作家が書いておりますので、

「私が決めたんじゃない(笑)」(東海林さん)

今、ささやく声がね。東海林さんという方でして、障子をすうっと開けて、薄い髪を見せながらささやきかけているというね、構成作家。

では、今日という日が終る時間までおつき合いくださいませ。
本当は、七福神の話すると止まらなくなるのをこらえて、最初は短めにお話しいたします。

(CM)

七福神の話するだけでも30分から1時間から3時間ね(笑)。今日は少し音の響きが違いますでしょう。これ私の会社の事務所の会議室でやっておりましてね。ゴルフ場でやったこともありますけどね。あのときとまた雰囲気が違うんで。

響きがこう、鉄筋の会議室ですので。ここは多目的会議室で、あらゆる会議とか、ミーティングやっています。私の事務所に来ていただきました。

ところでですね、七福神に参拝すると七つの災害が除かれて、七つの幸福が呼べるといわれていますが、全く根拠はないと思いますが、実は室町時代の末期に発祥した信仰といわれているんですけどね。

もうこれでね、メールの話からずうっと書けというんですね(笑)。そこから話しろという構成作家の意図なんですけど、そう簡単にいってたまるかと。

実はですね、七福神というふうになってくると、なんでも私は、これ日本人の典型的な宗教性、精神性。神道というもののね、いかに寛容な宗教かというね。まあ、インディーナス・リリジョンと英語でいいますけど、民族宗教かな。

七福神がですね物語っているわけですよ。七福神の中でメイドイン・インディア、インドせいの神様はですね、大黒天、毘沙門天、弁財天さん、これがメイドイン・インディアで、インドの神様なんですね。

布袋さん、福禄寿、寿老人、これが中国の神様なんです。唯一日本の神様は恵比寿さまなんですけど。

「渋谷生まれ?」(東海林さん)

いいや、兵庫県西宮市、私の出身地(笑)。実は西宮神社が全国の恵比須信仰の中心でして、

「渋谷の隣の恵比須は後から?」(東海林さん)

それはね、神道を理解する”エー、ビー、スー”の知識なんですけどね(笑)。まあ、それ置いといて。とにかく西宮が恵比須信仰の発祥中心で、大阪に今宮戎っていうのは、今新しく作った恵比須さまで、今宮っていうんですよ。

東京にも摂社とか、末社とかいいますけどね。摂社が、東京に作ったのが、それが地名の恵比須になったわけです。そこでビールを作っていたので恵比須ビールになったんです。これ本当の話ですよ。

その恵比須さまだけが、メイドイン・ジャパンなんです。日本の神様は、七福神のうちに恵比須さまだけ。

恵比須さまはどういう意味かというと、どこか外国の方という意味なんですよね。

「え、そうなんですか」(東海林さん)

だからね、インドでも中国でも、どこかわからない神様でもね、福を与えてくれる神様なんだから、いいじゃないかということで、仲よく一緒に船に乗って行きましょうやっていうね。

アイデンティティとか、その教えとか関係ねえと。福の神様なんだから、みんなに福を与えてくれるんだから、仲よく一緒に行きましょうやって、一つの船にインドの神様、中国の神様、日本の神様。その日本の神は、どこか分からない神様なんだけどね、恵比須なんですから。

「仲よく行く」と、これが日本精神の典型的なのが七福神信仰なんです。

そういうふうに行かないですよね、アラブとか、イスラムっていうのは。自分の教義とか教理とか。それも意味はあるんだけども、そこにはドグマがつきまとう。イスラム教、キリスト教、仏教、だけどいろんな、もちろん古いものがあれば、新しい宗教もあります。儒教もね。

それ関係ないと。よかったらいいじゃないか。生活の中で役に立って、みんなにとっていいんだったら、どこの神様だっていいんじゃないの。大歓迎ですよ。一緒に行きましょうよ。

しかも、船に乗っているわけだから、外国から船に乗ってきたと。みんなを助けるために、来てくれればいいんじゃないの別に。どこの国の・・・。

「日本の信仰って、心が広いんですね」(東海林さん)

だから、それは宗教的に大変寛容な、だからこそマオリの宗教とか、インデアンの宗教にも近いんですけどね。

いわば、アニミズムという、すべての山とか川に神様がいるというんですけど。神道は厳密にいうと、アニミズムじゃないんです。すべての山とか川に神様がいるとはいいませんね。霊はいます、スピリッツはね。でもその中の特定な山を選んで、それを神山というわけですよ。

それ以外の山はどうするかっているのは、畑にして生活の役に立つように耕して、生活するために活用するわけですよ。

海も山も、全部の森とか、全部の山とか海が神いますところじゃないんですよ。特定の所だけが神います海で、神います湖、神います森と、そこはアンタッチャブルで大事にしなきゃいけない。

じゃあ、どういうふうに、特定のものだけが神山といい、神います森というかというと、これシャーマニスティックに、いい神様が、非常にいいことが起きるということと、たたりがあると恐い。両方神様なんですね。

いい神様は敬って、恵んでください。悪い神様は、お祀りするからもうこれ以上我々に悪さしないでくださいって、要するに、祭り上げると。

昔は、社会党の土井たか子さんなんかはね、衆議院議長に祭り上げて、うるさくいわないようにってね(笑)。うるさいものは祭り上げて、これもやっぱり神様。

だから、素晴らしい神様が神様とは限らないんでね。ものすごい悪さする恐い神様も祭り上げるわけです。

2つの意味があるのね、嫁さんなんかは、ずうっと祭り上げとかないと(笑)。

例えば、菅原道真公もね、9月10日 讒訴されて、そして天神様の呪いと祟りでね。雷が清涼殿に落ちて、落雷で死んだら、それを見ていた天皇様がのけぞっちゃって、精神的におかしくなっちゃって、次々と藤原時平とか、そのときの道真公を讒訴したものが次々と病気で死んでいった。

そして、ある人が、これは菅原道真公の祟りだ、ということで、天変地変が起きる、次々と病気がおきる、清涼殿に雷が落ちると。そして、落雷で死んだと。

なんで、こんな不吉なことが都で起きるんだ。菅原道真公の祟りだ、ということで、祭り上げて、位を上げて、それで収まったと。

それから、もちろん神田明神。平将門の首塚があったところで、祟りがあるんで、怨霊が。怨霊信仰というのがあって、神田明神様ということで祭り上げて、それで収まったと。
だから、特異な強い霊威で、人に災いをもたらす霊を、神様として祀る。それでまた、すばらしいいいことが起きてくるねっていう、いわば加藤清正の井戸、待ち受け画面にするといいことが起きるなんてね。そういういいことが起きるのが神様。

だから両方。日本の場合は、いいものも悪いものも、特別な霊威と霊的なパワーがあるものを神という。そういうような、いろいろな山があるなかで、もちろん霊は、木霊でも井戸霊でも大事にするけど、それを神とはいわないわけですよ。

だから、特定のそのものを神山、神います森、これは祟りがあったり、いいことが起きたり。これは大事にしましょうっていうんで、ずうっと残っている。

だけど、そうじゃないものは、農業にしたり、漁業にしたり、森を開拓して住んだりして、生活の中に活かすわけですよ。

「あと、お家の中にも神様が」(東海林さん)

だから、神道のものは聖と俗を区別して共存すると。聖なるものは聖なるものじゃなくって、これは聖、これは俗っていうのを区別して共存すると。

だから、ロボットの工場に神棚があったり(笑)、近代的な工場にここだけ神棚があって。だから、聖と俗を区別して共存する、一つの家の中に聖なるところと、お台所とおトイレが区別して共存している。

これは、縄文時代の家の機構を発掘されても、みなそういう昔から聖と俗を区別して一個の家の中に共存する。

だから、聖か俗か。信じれば天国に行き、信じなければ地獄に落ちるというのは、キリスト教、一神教的な宗教的背景と、多神教的、まあ天照大御神様がダメでも須佐之男さんがいるし(笑)、恵比寿さんがいるし、七福神も、弁天さんに嫌われても布袋様、げほう様、毘沙門天がいるからというんで、どこか救われますよね。

最高の神はいても、絶対の神はいないんですよ。マイティゴッドはいない。シュープリームゴッドはいますね。

だから、天照大御神が最高だけども、海原に関しては須佐之男さん、お月さんに関しては月読の命、風は風の神ね。樹木はけつみけの神、水はみずはぞめの神、うんこも神様、ハニヤスヒコ、ハニヤスヒメというのはうんこですよ。

うんこも神様だと(笑)。だからうんこといっても、おろそかにできない(笑)。

「また、今週もうんこの話?(笑)」(東海林さん)

朝じゃなくてよかったですね(笑)。晩ご飯を今食べている人は申し訳ないんだけどね。そういうスピリットっていうのは認めるけども、特定なものしか神と敬わない。そうじゃないものは生活に活用すると。

だから、聖と俗を区別して共存するだけじゃなくって、選択的な信仰なんで、だから神道のお陰で日本は1万5千年前の縄文時代から残る、こういう先祖崇拝とか自然を大事にする。

自然を大事にするんじゃないんですよ。自然の中にいるスピリット、神様を大事にする。だから、富士山を崇敬するんじゃない、富士山に住む木花咲耶姫という神様を敬う。その神様がそこに住んでいるから敬うんで、自然を崇拝しているわけじゃないんです。

「山岳信仰」(東海林さん)

山岳信仰というのは、山を信仰しているのではなく、山に住むスピリットを、神様を信仰している。神様が山に住んでいるから敬うわけで、山自体を崇敬しているわけじゃないんですよね。そこは間違わないようにしなければいけない。神います森を崇敬するとは、森に住む神様を崇敬するわけなんで。

だから、尊いものは森の奥にいるというふうにいうんで、日本にきたら仏教も秘仏として、姿見せないね。

マリア様なんかも、ブラジルのアパレシーダというマリア様も露骨に、中国、韓国からきた仏さまも露骨に姿をあらわすけども、日本にきたら秘仏化で、尊いものは見えないっていうのは、どう考えてもユダヤ教の、古代のユダヤ教の影響で、神様というのは姿見えないと。

だから、偶像崇拝しちゃいけないわけですよ。ユダヤ教は。だから、日本にきたら秘仏化で、尊いものは姿見えないと。偶像崇拝しないと。スピリッツ、霊を敬うけども、その霊は森とか山に住んでいる。森とか山を敬うわけじゃないですよ。森とか山に住んでいる神様の霊を敬うと。

そういうことなんで、聖なるものは大事にするけども、そうじゃないものは活用する。

マオリ族の宗教とインディアンの宗教は、すべてのものを敬う、アニミズムだから敬うでしょう。ところが近代文明と相容れないですよ。

神道だからこそ、古来からある自然崇拝し、霊を敬い、先祖崇拝し、植物や霊を大事にするというのは基本的にアニミズム的ではあるんだけど、近代的な科学、経済。そして七福神にあるどこの宗教だっていいんじゃないの、何教だっていいんじゃないの。

「アボリジニなんかもそうなんですよね」(東海林さん)

あそこにありますね、エアーズロック。あれはやっぱりね、ご先祖様がそこにいるという、だから「人は祖に基づき、祖は神に基づき」、我々はご先祖様から来た、ご先祖様は神様から来たと。

基本は同じですよ。でもアボリジニは近代文明と相容れないでしょう。アボリジニの宗教やアフリカの宗教、インディアン、マオリは近代文明と共存できないです。

だから、日本の場合は、家の中に聖と俗とを区別して共存するわけだから、古来からあるものを敬いながら、新しいものも取り入れると。

そこに七福神の思想が、別にどこから来たっていいじゃないのと。何教でもいいじゃないの、宗教の教えとか、アイデンティティなんかどうだっていいと。教えなんかどうだっていい。ありがたい神様ならいいんじゃないの。

恐い神様なら、ハハーってお祀りしましょっていう、こういう非常に現実的な寛容的な理屈を超えた、そういうものが日本の神道に1万5千年前からの縄文時代から持っているんで、だから経済が発展するわけですよ。

キリスト教の時代があって、そのキリスト教暗黒時代のためにルネッサンスが起き、地球は、海は滝みたいになっているって、実験してみたら、元に戻ってきたというね。

コロンブス、バスコダガマ、そういうふうな思想に影響されませんよ。非常に柔軟なんで、新しいものを取り入れるし。

これは誰から始ったんかって、古来からあるもんだけど、聖徳太子が日本の社会の中にこれを確立させた。

神、儒、仏を使い分けした。手に持っている笏(しゃく)はね、神道で。だから古来からある神道を皇室祭祀にしたんです。

神道は大きく分けて5つあって、皇室神道、神社神道、民族神道、学派神道、教派神道というんです。

その中心になるのは皇室神道、皇室代々の祭祀の中に古来からあるものが残っているわけですね。

それは、神道というかたちで聖徳太子さん残しながら、仏教は民衆教化のために使い、儒教は日本の律令体制とか道徳、官僚たちの道徳規範として残したわけなんで。

「中国とか韓国とか」(東海林さん)

韓国は、日本みたいに古来からもあったんだけども、仏教を受けたら全部仏教一辺倒、儒教が来たら儒教一辺倒、キリスト教が来たらキリスト教一辺倒なんです。キリスト教も盛んですし、儒教も・・・。

日本は、選択して残していますね。面白いことに、雅楽というのは中国の宴会のおまつりですよ。宴会の音楽が来て、雅楽として今、皇室祭祀に使われています。越天楽(えてんらく)なんていうのは、中国で宴会の踊りですよね。

それがずうっと残りながら、そこから神社のお神楽みたいなのが発達して、お神楽みたいなのが15世紀に世阿弥、観阿弥が能という体系付いた芸術にし、能から17世紀、江戸の始めに出雲の阿国が出て、歌舞伎が出て、歌舞伎から日本舞踊だとか、新派のああゆうのが出てきましたけど。

ずうっと雅楽は雅楽のまま残っていて、そこから発達した能も残っていて、そこから派生した歌舞伎も残っていて、そこから派生した日本舞踊とか新派の・・・も残っている。

全部そのままずっと残っていますでしょう。オリジナルのものもオリジナルから派生したものも。これが七福神のいいものはいいんじゃないの。なにも新しいものができたら全部なくさなくてもいいんじゃないのっていって、ずうっと残っている。これが日本の文化や日本人のポテンシャルなんですね。

「フレキシビリティがあるという」(東海林さん)

フレキシビリティだけじゃなくて、要するにいいものをなくさないわけです。だから、やっぱり選択的ないいものを、自分たちのいいねっていうものを、根ざす宗教性っていうか、カンとか、コツとかハラとか、という日本民族のフィーリングに合うものだけを残す。
例えば宦官(かんがん)制度ね、カストラート、いろんなものを切っちゃうというね、日本に入れなかったし。それから、纏足(てんそく)ね、足のかたちをアレするね、纏足も入れなかった。

それから、同じ名字のものは結婚しちゃいけないっていうんです、中国は。近親結婚はいけないということでね。日本は、従弟同士はしょっちゅう結婚しますでしょう。

だから、宦官制度、纏足制度、同姓同士は結婚しないという制度は、来たけども日本は入れなかったわけですよ。日本に合わないと。

選択的に日本文化の中に取り入れているんで、なんでもだから、中国のモノマネ、韓国のモノマネじゃない。日本に合うものは取り入れる、取り入れないものは取り入れない。

そういうことで、七福神の話に戻ると、七福神は北斗七星なんですよ。北斗七星のケンシロウ、北斗神拳みたいなものでね(笑)。北斗七星の七つの働きを表わすものといわれているんで。

そういうことで、実は7というものは、ユダヤ教では、7つのローソクがあるので、その影響ではないかと。7は変化の数といいます、数霊ではね。ユダヤは7つのローソク、7は変化の数。

だからそういう北斗七星の七つの働きを、北極星の恵みを中心に動いているというものが、室町末期からこの七福神の話でいわれているわけですね。

ちなみに福神漬けの材料が7種類なのが、七福神から来たといわれていますけど(笑)。その7という数は変化の数。北斗七星の七星を表わすと同時に、人間の教えですね。

だから、おそらく室町時代には、そういう毘沙門は戦って戦って努力してね、そして貧乏を克服しなさいと、貧乏と戦え。

恵比須さまは忍耐を、鯛を釣るので忍耐がいるよ。弁天様は要するに愛嬌、秀吉なんかは度胸と愛嬌があったわけでね、この愛嬌を持っていくのが福をもたらしますよと。

福禄寿は徳を積むことによってなりますよ。げほう様は頭長いでしょう、智恵あるものは頭下げて、こうべを下げていきなさいよ。またげほう様はね、節約の神様なんです、ご眷属に鹿がいるでしょう、グーッとエネルギー、そうやってエネルギーを奮い立てて、知恵を持って頭を下げて節約しなさいと。節約の神なんでげほう様は。

布袋さんは、でかい腹で、もっと太っ腹で度胸を持って、人の言い分とか文句を袋に入れて、背中にしょって、清濁併せのむという、この七つの徳が福をもたらすものなんですよという教えが、おそらく中世にはあったんだろうといわれている。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしょうか。小さいときは疱瘡にかかりまして(笑)、水疱瘡で、天然痘と水疱瘡の区別がつかず、天然痘だといわれ、ぶつぶつになるのは天然痘だと思っていたので、いやそれ、水疱瘡と天然痘は違うんだということは大きくなって分かりましたけど。水疱瘡で、潰した後が残って、熱出ましたわ。

えー、今夜の放送いかがでしたでしょうか(笑)。

あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ。下ネタは大好きですね、やっぱりターミネータとシーモネータは男の力ですのでね(笑)。ちょっとした悩みなどなんでもメールをください。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せくださいね。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができますよ。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きくださいね。

それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。

それではまた来週。七福神来襲。ラッキー。



2016年8月 1日 (月)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/22 テーマは「探し物」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。


2016年7月22日
テーマは「探し物」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょうね。今週のテーマは「探し物」です。さらしものじゃありませんよ(笑)、「探し物」。探し物はなんですか♪ 夢の中へ夢の中へ、とんでみたいと思いませんか、ウフフー(笑)。

というようなもんだったらいいんですけどね。机の上に置いたはずなのに、鍵とかメガネとか、最近ではテレビのリモコン、置き忘れて見つからなくなるということがありますね。そんな探し物についてお話ししましょう。

では、今日という日が終る時間までおつき合いくださいませ。

(CM)

メガネがない、メガネがないといって探しているお父さん、実はメガネをおでこのところにかけていて、お父さんのメガネはおでこの所なんていうようなことを子供にいわれるなんて・・・ありますねえ。

テレビのリモコンというのはよく置き忘れますね。携帯電話、スマホの置き忘れもね。でも、携帯電話、スマホの置き忘れの場合、かけてもらうとトゥロロ、トゥロロとでてきて、音で探しますね。

そういうときにかぎってね、マナーモードにしてて発見できないっていうのが、皮肉なことがありますね、世の中ね(笑)。

さて、みなさん、こんなのとのメールがいくつか届いておりまして、

---------------------
ラジオネーム:青い森
青森県、30代、女性、会社員。

東州さん、はじめまして。
私の悩みは、置き忘れです。家の鍵をどこへ置いたか忘れて、出かけるときに、鍵、鍵、鍵って。朝の時間に限って鍵がないというような(笑)(こういうことは書いていませんけどね、私が足したんだけどね)。朝の時間のないときに大騒ぎをしてしまう。私のこのような置き忘れの癖、どうしたらいいでしょうか。
---------------------

まあ、年とってくると、健忘症気味になってくるんで(笑)、よくあることなんで、あまり気にしないほうがいいんですけど、こういう伝説がありますね。

あわてているときに何か無くすことを、ものを隠すいたずらの小悪魔の仕業だと。焦っている人を見るのが楽しみな小悪魔がいて、この小悪魔はドラキュラの親戚なんで、ニンニクに弱いと、だからものを探すとき、ニンニク、ニンニク、ニンニクとつぶやきながら探すと、小悪魔が逃げて物が見つかるということなんでね。

というヨーロッパの伝説でしょうけど、実はこれ本当なんですよ。ニンニク、ニンニク、ニンニクっていうと、ニニンガシというあの(笑)、ニンニンという、あるとき僕香港でテレビ見たら、忍者ハットリ君がやってましてね、全部中国語で、中国語の忍者ハットリ君がニンニン、ニンニンって、ニンだけは日本語で、ニンニン、ニンニンって(笑)。中国語の忍者ハットリ君を見た時はおかしくて、おかしくてね。なかなか笑いましたけどね。

まあ実はですね、本当なんですよこれ。私、小さいときによくおもちゃをなくす、というか置き忘れていたんで。僕が置き忘れたのを、弟が「お兄ちゃん、これ落ちてた」ってさ、弟が落ちてたおもちゃを探してきて、「これ」って回収してくる(笑)。

お兄ちゃんは、いつもおもちゃを置き忘れて、弟がいつも回収してくるというね。実は父親の大学の友達でおもちゃ屋さんに勤めていて、おもちゃの問屋さんだったら在庫が多いと破棄しますでしょ。それで、いっぱいおもちゃを持ってきてくれたんですって。

だから家にはもう、父親の友達が持ってくるおもちゃでいっぱいだったんで、それを持っていくと、いつのまにか置き忘れてくると。で、弟が「落ちてた」といって持ってくる。
よく置き忘れるんだなあって、子供ですから、小学校低学年なんで。いつもおもちゃなくなるんだって、弟もいうし、親もいう。僕も、なんでこんなに置き忘れるかなあと思って、おもちゃを。

あるとき、小学校低学年のときに、狭い家でね、戦争で焼き出されたときの仮住まいみたいなところだったんで、父も母もブルジョアで、子供の時は3階建てのお屋敷に住んでおったものですね。

父親と母親は、母親のいとこの息子が父親だったんで、3つ年下の旦那なんですね。父親と父親の親、おじいちゃんと母がいとこ同士なんです。血が濃いんで、天才か○○かが出てくるという紙一重の人間だった。

それでですね、あんまり品のいいところじゃない、でも低学年の時はそこにおったんで。だから、僕はトンボとか、田んぼとかでザリガニとったり、カエルとったり、もう毎日川へ遊びに行って、よかったんですね。

その時に近所の子が、おもちゃいっぱい僕が持っているからなんだろうけども、羨ましいと思ったんでしょう。あるとき、小学校低学年の時に、家の入り口のところから出てくるところに、子供の背の2倍ぐらいあるような亡者みたいなのが出てきて、鼻とか口がびゅーっと長くて、絵本で出てくるトトロみたいなね。

「天狗さんみたいな」(東海林さん)

いや、鼻より口がとんがっているんですよ。口がこうとんがってて、鼻もとんがってて、妖精とか妖怪ですね。それが、キョロ、キョロ、キョロ、キョロとしながら、入ってきて、取っていった。

「なんか、あいつがまた来て、また取っていった」というと、次の日になくすんですよ。だから、「あ、またあいつが来た」っていって。入り口で、そうやって口の長い、ぴゅーんと長いような何ともいえないような、細長いガリガリの化け物みたいなのが。

「背が大きいんですか」(東海林さん)

背が大きいというよりも、細長くて、子供の身長の倍ぐらいあるかな、大人の身長ぐらいね。入り口からしょっちゅう出て、「あ、またあいつが来た」っていうと、父親が「お前、何いってるんだ、何もいないよ」って、「いるじゃんか、いるじゃんか」っていっても母親も父親も「そんなのはいない、何をいってるんだお前は」。「でも、いるじゃんか、ほらあいつが」っていって。

僕には見えるんだけど、父親と母親、弟妹とか「兄ちゃん、何いってんねん」とかね。「いない、いない」。「いるじゃんか」っていうんだけど、父親母親には見えない、私には見えるんですよ。

「あれ、なんだったのかなあ」っていって、低学年の時ね。それ見たら、おもちゃなくすんですよ。

「へー」(東海林さん)

考えたら、おもちゃなくした後に、あれがいつも出てくる。何だったか謎で。小学校も高学年になってくると、3年生、4年生ぐらいから、抽象概念が発達してきて、算数とか分数とか出てくるんで。それまでは、抽象概念が発達しない。

僕、早生まれだったし、奥手だったもんだから、抽象概念の発達がゆっくりだったんか、算数は弱かったですけどね。でも、その代わり感性が発達していたんで、それがしょっちゅう見えていた。

で、小学校高学年になったら全く見えなくなった。あれは何だったのかと思うと、結局今にして思えば、うらやましいなあと、うらやましいなあ、おもちゃいっぱい持ってて、いいな、いいな、という近所の子供たちがうらやましいなあという、その思いが来ていたんだと。

今でも時々、大人なってても見えますけども、ジェラシーの、要するにそれは餓鬼霊なんですよ。

それが出ると、本当になくすんですよ。置き忘れるの。

「隠しちゃうわけですね」(東海林さん)

うん、隠しちゃう。うらやましいという人々の思いですよね。だから、そういう風なことで、実はこれは伝説で、あわててるときに何かなくす、物をなくす、いたずらの小悪魔の仕業って、本当にいますよ。それは人々のジェラシーの思いが、ああいう小悪魔になって、いろいろあせっている人を見るのが楽しい。それはジェラシーだから。人のジェラシーの思いが小悪魔になるんですよ。

ニンニクがどうなのか分からないんだけど(笑)。ニンニク、ニンニクというと、これはやっぱりヨーロッパ的なもので、ドラキュラの子供。恐らく、ドラキュラもそういうところのものは、感性が敏感な人が見てね、人の血を吸うようなやつっていうのは、エゴイストというのは、ああいう姿しているでしょうね。そういう風な物をかいま見た人がああいう伝説を作ったのでしょうか。日本だったら、天邪鬼とか、餓鬼霊ですね。

だから、落とし物とか、忘れ物したときはどうしたらいいかというと、お家に三宝荒神さんを祀っている場合は。三宝荒神は、役行者さんがこう祈っていたときに出てきた、人間の貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を克服してやるというんで、お台所の神様。竃(かまど)の神様。

だから、これはちゃんとしてお祀りしてやると、入金が、パッとお金が入ってくる。だけども、こういう落とし物とか、なくし物したときに、三宝荒神さんってよく祀るでしょう。竃(かまど)の神様。ローソクつけて、お願いしますっていうと、こういうようなものを制圧してくれるので、落とし物とか、忘れ物が突然パッと出てくるんです。

失せ物とか、隠し物とか、置き忘れた物は、三宝荒神さんに灯りをつけてお願いすると、「あ、出てきた-」っていって発見されると。

だから、ある程度この伝説っていうのは本当なんですね。私が小っさいときに見たあれは、何だったのか、僕のおもちゃをしょっちゅう置き忘れていたのが、友達のうらやましいなあという思いが、そういう夜になったら出てくるんだね。

お父さん、お母さんには見えない、僕にしか見えないいんですよ。

「座敷童みたいなことはないんですか」(東海林さん)

座敷童とはちょっと違いますけどね。そういう伝説とか、民族神話に残っているものというのは、ある程度そういう風なものが。

カッパっていうのは、年月を経たカワウソの霊だといわれていますけどね。そういうような目の敏感な、私ね低学年の時ね、敏感な子供がこのように見えたりして。

まあだから、トトロなんていうのは、子供には見えるんだけど、大人には見えないっていうね、スタジオジブリのアニメなんかは、そういう風なものをあらわしているんじゃないかと。そういう風なものが生きている異次元の世界では、実際にいるんだと。

だから、ニンニク、ニンニクというと、小悪魔が逃げてものが見つかるというのは、それは西洋なんで、日本の場合は三宝荒神さんに灯りつけると物出てくるんで。

ニンニク、ニンニクという代わりに、三宝荒神さん、三宝荒神さん、三宝荒神さんというと(笑)、出てくるかもしれませんね。

私は、失せ物の時はいつも三宝荒神さんに灯りつけて、すぐ出てきます。

そういうふうな物っていうのは、あながち嘘ではないよということをね。単に歳が来て、健忘症で忘れ物(笑)、中高年になると、出かける前にあれがない、これがないというのは、あせってくるとちょっとパニックになって忘れるという。これ単にあわてている、歳取ってきた健忘症っていうのはありますから。

必ずしも小悪魔がやっているとは限らない(笑)。必ずしも餓鬼霊がやっているとは限らない(笑)。しかし、そういうこともありうるよということなんで。試しにやってみたらどうかなと。

「三宝荒神さん?」(東海林さん)

三宝荒神さん。荒神はあらがみと書くんですけど、隋の時代に書かれた本に、荒神とは、勾配の「勾」と神は陣地の「陣」ですね。それで勾陣というふうなのが、隋の時代に書かれた五経正義という本に書かれていましてね、中国の古典。

”木火土金水”の土の精の勾陣とあるのが、これをあらがみと書いたのかなと。ルーツはね。そういう隋の時代の文献に出ていたんで、これがルーツじゃないかと思うんですけどね。

だから、荒神、あらがみと書くんです。これメイドインジャパンの仏さまです。役行者さんが大峯山で祈っているときにガーっと出てきたと。顔が三つで手が六本で足が二本。足が六本ならもつれて倒れますからね(笑)。

それで、三宝荒神というのと、三面大黒天、顔が三つっていうのと、これは最澄が比叡山で祈っていたときに出てきた顔が三つ、手が・・・、足が二本。

蔵王権現も顔が三つ、手が・・・、足が二本。蔵王権現は役行者が降魔調伏して人々を救い給えっていったときに出てきたのが、メイドインジャパンの仏さまが蔵王権現。

大峯山を開いたときに出てきたのが三宝荒神、メイドインジャパンの仏さま。最澄が比叡山で祈ったときに出てきたのが三面大黒天、メイドインジャパンの仏さま。

皆、仏さまの化身といわれていますけど、その荒神というのは、私の本当の姿は、大峯山の九山九川これわが本体なりと。私の本体はこの大峰の九つの山と九つの川、これが私の本体だと。

そこのは、大地の”木火土金水”の土の気ですよね。これが荒神さんだというんで、土の気って強いからね。これがいろんな物の魔を祓うといわれているもの。これが真言密教に出る伝説ですし、真言密教を開く、密教というのは、空海が開いたんだけど、その前に役行者さんが直接受け取ったという。

それが修験道の始まりなんで。修験道は神道なんですね。密教的要素を踏まえた神道なんです。またこの話していくと、先々々週みたいな(笑)、大学の講義みたいになっちゃうんで、このあたりにしときますけども。

実際これは必ずしも嘘ではなく、こういうようなことは、伝説というのは古代の人は敏感な感性の人たちは感じとっていることなんでね。ある程度本当ですよと。

単に、健忘症で歳とっているというのもあれば、こういうようなものもありますよ。

「隠しているんですよねぇ」(東海林さん)

僕も子供のときに体験しているんで、だから僕の場合は、置き忘れしたときはいつも、三宝荒神さんにローソク立ててやるとすぐ出てきます。

「じゃ、こんどこの人も三宝荒神さんって」(東海林さん)

そうそう、ニンニク、ニンニクというよりも、三宝荒神、三宝荒神、三宝荒神さんっていうと、置き忘れた物がパッと出てくる可能性ありますねぇ。

出てこないと、単に自分(笑)が健忘症だったんだということで、

「三宝荒神さんとニンニクを試して」(東海林さん)

三宝荒神さん、洋風か和風か(笑)、どっちかに行けば見つかるんじゃないかと思います。そうじゃない場合は、記憶力を高めるサプリをお飲みください。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしょうかねえ、放送構成作家の東海林さんが山岳信仰って日本だけですかね、ヨーロッパにないですかねっていうんだけど、山岳信仰のルーツはね、いろいろあるでしょうけどもね、モーゼがそうですね。

モーゼはシナイ山に中に入って、あれ私もエジプトのシナイ山に行きましたけども、市内にあるかと思ったら市外でしたけどね(笑)。

今のシナイ山というのは、岩ばっかりでね、こんな所に40日閉じこもったからっていって、みんなが動乱するわけないよって、低くて。上の方で、「おーい、モーゼ」「なんだー」ってすぐ声がかかるような、低い岩ばっかりの山ですよ。

「1、2、3、5、6」(東海林さん)

何?

「4(シ)ナイ」(笑)(東海林さん)

ところが、バイブル、旧約聖書によると、海抜2700m級で、火山があるというんで。今のシナイ山は特に火山でもないし、考古学的発掘してみると、第二神殿以降の遺跡を発掘すると、第一神殿、すなわちモーゼとか、ダビデ王、ソロモン王の時代のものは何も出てこないんで。

だから、バビロン幽囚する前にあったエルサレムと今のエルサレムは違う場所にあるんじゃないかということで、聖書学者がやったら今のサウジアラビアのアッシール地方に古代のヘブライ語とかのアラビア語で、旧約聖書にいう地名がたくさん残っていて、そこは海抜2000m、3000mの山があり、火山もあるんで、その目の前がエチオピアですからね。エチオピアの女王、シバ女王も対面ですから、船で来られた。これが本当のエルサレムだと。

これが本当の第一神殿時代の遺跡なんだと、というのを学者が発表したのを悪魔の書というんで、発売禁止。それをいうと、今のユダヤ教もイスラム教もキリスト教も成り立たなくなるので。

本当の場所は、バビロン幽囚される前と後は違う場所なんだということが、考古学的にだんだん分かってきているわけですね。

そういうことで、山の中の入ったシナイ山で天啓を受けてモーゼが十戒を彫ったと、ヤーベの神との出会いがあったわけで、あれを何回読んだか、十回読んだというんですけどね(笑)。そこが山岳宗教のルーツのユダヤ教、モーゼですね。

だから、日本だけがあるわけじゃない、日本の山岳宗教、日本では役小角がそれを始めたわけですけども、山伏っていうのは、頭に頭襟(ときん)をつけるでしょう。

あれ本当に、嘆きの壁を、僕も行きましたけど、ユダヤのラビがね、おでこにつけていますよ。ユダヤのラビがつけているのは四角い箱なんです。日本の山伏は三角形ですけど。
あの四角い箱の中にパピルスにヘブライ語で書かれた旧約聖書の言葉が入っている、おでこに。それで、手に7回皮を巻くんですね、皮のヒモ。

そうやって、嘆きの壁でこうしながら、旧約聖書をいうっていうのは、まさにラビの姿がそのまんま山伏の姿ですよ。

山伏の頭襟(ときん)。天狗さんも鼻長いのは、ユダヤ人ですよ古代のね。古代にそういう人が日本に来ていたんだと。

日本の神道とユダヤ教が一番似ているんです。ユダヤ教が世界で何に似ているかというと、ヘブライ語で書かれたユダヤ教の教えっていうのは、神道に一番似ているというふうにイスラエルラオという人が石清水八幡宮で、だいぶ前に行われた世界宗教者会議で、日本に来て、ヘブライ語で書かれたユダヤ教を見ると一番似ている宗教は、世界では神道が一番似ていると。

お正月が二度あって、仏教のほうで聖徳太子の時はお盆のほうになって先祖が来るんだけど、お正月のほうは神道のまま残ってますでしょう。古来お正月は二度あったんですよ。
片方が仏教になったのは、聖徳太子が盂蘭盆会の説で、先祖崇拝の中に仏教と結びついて、仏教を日本文化に根差したわけですね。

ユダヤ教も正月が二度あるんです。お祀りするのには、日本の場合は、水とお酒とお塩とお米ですね。ユダヤ教の場合は、水とお酒と塩がついたパン、塩パンなんですよ。パンがご飯になっただけでね。

全くお祀りの要素も同じだと。神道の神主の衣装も本当に旧約聖書に書かれたラビの祀りと一緒で、13才が男だけが元服式を行うっていうのも同じです。

まあそういうようなことで、お祀りっていってもハンサイ、食べ物を供えるっていうのがお祀り、ユダヤ教は。伊勢神宮もすべての祀りは食べ物を供えるんで、共通項多いですね。

だから、そのあたりが日本の山岳宗教といっても、古来のユダヤ教がどこかの時点で日本に入ってきた可能性大なんで、いわば考えたらインターナショナルなんだということで、山岳宗教がまた学術的な話になって、大学の講義みたいに。つい油断すると、私も大学の講義みたいになっちゃうんで。長くなりましたが、また続きは、興味深い話はいつの時かしたいと思います。

ということで、あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ、ちょっとした悩みなどなんでもメールしてくださいね。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができます。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。

それではまた、蒙古来襲、宇宙人来襲、円盤来襲、山伏来襲(笑)。
おやすみなさい。



« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村