フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/15 テーマは「練習」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/29 テーマは「七福神」 ワールドメイトブログ »

2016年8月 1日 (月)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/22 テーマは「探し物」 ワールドメイトブログ

いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」



「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。


2016年7月22日
テーマは「探し物」です。


こんばんは、深見東州です。
毎週金曜のこの時間、30分という短い時間ですが、私とあなたをつなぎながらお話ししましょうね。今週のテーマは「探し物」です。さらしものじゃありませんよ(笑)、「探し物」。探し物はなんですか♪ 夢の中へ夢の中へ、とんでみたいと思いませんか、ウフフー(笑)。

というようなもんだったらいいんですけどね。机の上に置いたはずなのに、鍵とかメガネとか、最近ではテレビのリモコン、置き忘れて見つからなくなるということがありますね。そんな探し物についてお話ししましょう。

では、今日という日が終る時間までおつき合いくださいませ。

(CM)

メガネがない、メガネがないといって探しているお父さん、実はメガネをおでこのところにかけていて、お父さんのメガネはおでこの所なんていうようなことを子供にいわれるなんて・・・ありますねえ。

テレビのリモコンというのはよく置き忘れますね。携帯電話、スマホの置き忘れもね。でも、携帯電話、スマホの置き忘れの場合、かけてもらうとトゥロロ、トゥロロとでてきて、音で探しますね。

そういうときにかぎってね、マナーモードにしてて発見できないっていうのが、皮肉なことがありますね、世の中ね(笑)。

さて、みなさん、こんなのとのメールがいくつか届いておりまして、

---------------------
ラジオネーム:青い森
青森県、30代、女性、会社員。

東州さん、はじめまして。
私の悩みは、置き忘れです。家の鍵をどこへ置いたか忘れて、出かけるときに、鍵、鍵、鍵って。朝の時間に限って鍵がないというような(笑)(こういうことは書いていませんけどね、私が足したんだけどね)。朝の時間のないときに大騒ぎをしてしまう。私のこのような置き忘れの癖、どうしたらいいでしょうか。
---------------------

まあ、年とってくると、健忘症気味になってくるんで(笑)、よくあることなんで、あまり気にしないほうがいいんですけど、こういう伝説がありますね。

あわてているときに何か無くすことを、ものを隠すいたずらの小悪魔の仕業だと。焦っている人を見るのが楽しみな小悪魔がいて、この小悪魔はドラキュラの親戚なんで、ニンニクに弱いと、だからものを探すとき、ニンニク、ニンニク、ニンニクとつぶやきながら探すと、小悪魔が逃げて物が見つかるということなんでね。

というヨーロッパの伝説でしょうけど、実はこれ本当なんですよ。ニンニク、ニンニク、ニンニクっていうと、ニニンガシというあの(笑)、ニンニンという、あるとき僕香港でテレビ見たら、忍者ハットリ君がやってましてね、全部中国語で、中国語の忍者ハットリ君がニンニン、ニンニンって、ニンだけは日本語で、ニンニン、ニンニンって(笑)。中国語の忍者ハットリ君を見た時はおかしくて、おかしくてね。なかなか笑いましたけどね。

まあ実はですね、本当なんですよこれ。私、小さいときによくおもちゃをなくす、というか置き忘れていたんで。僕が置き忘れたのを、弟が「お兄ちゃん、これ落ちてた」ってさ、弟が落ちてたおもちゃを探してきて、「これ」って回収してくる(笑)。

お兄ちゃんは、いつもおもちゃを置き忘れて、弟がいつも回収してくるというね。実は父親の大学の友達でおもちゃ屋さんに勤めていて、おもちゃの問屋さんだったら在庫が多いと破棄しますでしょ。それで、いっぱいおもちゃを持ってきてくれたんですって。

だから家にはもう、父親の友達が持ってくるおもちゃでいっぱいだったんで、それを持っていくと、いつのまにか置き忘れてくると。で、弟が「落ちてた」といって持ってくる。
よく置き忘れるんだなあって、子供ですから、小学校低学年なんで。いつもおもちゃなくなるんだって、弟もいうし、親もいう。僕も、なんでこんなに置き忘れるかなあと思って、おもちゃを。

あるとき、小学校低学年のときに、狭い家でね、戦争で焼き出されたときの仮住まいみたいなところだったんで、父も母もブルジョアで、子供の時は3階建てのお屋敷に住んでおったものですね。

父親と母親は、母親のいとこの息子が父親だったんで、3つ年下の旦那なんですね。父親と父親の親、おじいちゃんと母がいとこ同士なんです。血が濃いんで、天才か○○かが出てくるという紙一重の人間だった。

それでですね、あんまり品のいいところじゃない、でも低学年の時はそこにおったんで。だから、僕はトンボとか、田んぼとかでザリガニとったり、カエルとったり、もう毎日川へ遊びに行って、よかったんですね。

その時に近所の子が、おもちゃいっぱい僕が持っているからなんだろうけども、羨ましいと思ったんでしょう。あるとき、小学校低学年の時に、家の入り口のところから出てくるところに、子供の背の2倍ぐらいあるような亡者みたいなのが出てきて、鼻とか口がびゅーっと長くて、絵本で出てくるトトロみたいなね。

「天狗さんみたいな」(東海林さん)

いや、鼻より口がとんがっているんですよ。口がこうとんがってて、鼻もとんがってて、妖精とか妖怪ですね。それが、キョロ、キョロ、キョロ、キョロとしながら、入ってきて、取っていった。

「なんか、あいつがまた来て、また取っていった」というと、次の日になくすんですよ。だから、「あ、またあいつが来た」っていって。入り口で、そうやって口の長い、ぴゅーんと長いような何ともいえないような、細長いガリガリの化け物みたいなのが。

「背が大きいんですか」(東海林さん)

背が大きいというよりも、細長くて、子供の身長の倍ぐらいあるかな、大人の身長ぐらいね。入り口からしょっちゅう出て、「あ、またあいつが来た」っていうと、父親が「お前、何いってるんだ、何もいないよ」って、「いるじゃんか、いるじゃんか」っていっても母親も父親も「そんなのはいない、何をいってるんだお前は」。「でも、いるじゃんか、ほらあいつが」っていって。

僕には見えるんだけど、父親と母親、弟妹とか「兄ちゃん、何いってんねん」とかね。「いない、いない」。「いるじゃんか」っていうんだけど、父親母親には見えない、私には見えるんですよ。

「あれ、なんだったのかなあ」っていって、低学年の時ね。それ見たら、おもちゃなくすんですよ。

「へー」(東海林さん)

考えたら、おもちゃなくした後に、あれがいつも出てくる。何だったか謎で。小学校も高学年になってくると、3年生、4年生ぐらいから、抽象概念が発達してきて、算数とか分数とか出てくるんで。それまでは、抽象概念が発達しない。

僕、早生まれだったし、奥手だったもんだから、抽象概念の発達がゆっくりだったんか、算数は弱かったですけどね。でも、その代わり感性が発達していたんで、それがしょっちゅう見えていた。

で、小学校高学年になったら全く見えなくなった。あれは何だったのかと思うと、結局今にして思えば、うらやましいなあと、うらやましいなあ、おもちゃいっぱい持ってて、いいな、いいな、という近所の子供たちがうらやましいなあという、その思いが来ていたんだと。

今でも時々、大人なってても見えますけども、ジェラシーの、要するにそれは餓鬼霊なんですよ。

それが出ると、本当になくすんですよ。置き忘れるの。

「隠しちゃうわけですね」(東海林さん)

うん、隠しちゃう。うらやましいという人々の思いですよね。だから、そういう風なことで、実はこれは伝説で、あわててるときに何かなくす、物をなくす、いたずらの小悪魔の仕業って、本当にいますよ。それは人々のジェラシーの思いが、ああいう小悪魔になって、いろいろあせっている人を見るのが楽しい。それはジェラシーだから。人のジェラシーの思いが小悪魔になるんですよ。

ニンニクがどうなのか分からないんだけど(笑)。ニンニク、ニンニクというと、これはやっぱりヨーロッパ的なもので、ドラキュラの子供。恐らく、ドラキュラもそういうところのものは、感性が敏感な人が見てね、人の血を吸うようなやつっていうのは、エゴイストというのは、ああいう姿しているでしょうね。そういう風な物をかいま見た人がああいう伝説を作ったのでしょうか。日本だったら、天邪鬼とか、餓鬼霊ですね。

だから、落とし物とか、忘れ物したときはどうしたらいいかというと、お家に三宝荒神さんを祀っている場合は。三宝荒神は、役行者さんがこう祈っていたときに出てきた、人間の貪・瞋・癡(とん・じん・ち)を克服してやるというんで、お台所の神様。竃(かまど)の神様。

だから、これはちゃんとしてお祀りしてやると、入金が、パッとお金が入ってくる。だけども、こういう落とし物とか、なくし物したときに、三宝荒神さんってよく祀るでしょう。竃(かまど)の神様。ローソクつけて、お願いしますっていうと、こういうようなものを制圧してくれるので、落とし物とか、忘れ物が突然パッと出てくるんです。

失せ物とか、隠し物とか、置き忘れた物は、三宝荒神さんに灯りをつけてお願いすると、「あ、出てきた-」っていって発見されると。

だから、ある程度この伝説っていうのは本当なんですね。私が小っさいときに見たあれは、何だったのか、僕のおもちゃをしょっちゅう置き忘れていたのが、友達のうらやましいなあという思いが、そういう夜になったら出てくるんだね。

お父さん、お母さんには見えない、僕にしか見えないいんですよ。

「座敷童みたいなことはないんですか」(東海林さん)

座敷童とはちょっと違いますけどね。そういう伝説とか、民族神話に残っているものというのは、ある程度そういう風なものが。

カッパっていうのは、年月を経たカワウソの霊だといわれていますけどね。そういうような目の敏感な、私ね低学年の時ね、敏感な子供がこのように見えたりして。

まあだから、トトロなんていうのは、子供には見えるんだけど、大人には見えないっていうね、スタジオジブリのアニメなんかは、そういう風なものをあらわしているんじゃないかと。そういう風なものが生きている異次元の世界では、実際にいるんだと。

だから、ニンニク、ニンニクというと、小悪魔が逃げてものが見つかるというのは、それは西洋なんで、日本の場合は三宝荒神さんに灯りつけると物出てくるんで。

ニンニク、ニンニクという代わりに、三宝荒神さん、三宝荒神さん、三宝荒神さんというと(笑)、出てくるかもしれませんね。

私は、失せ物の時はいつも三宝荒神さんに灯りつけて、すぐ出てきます。

そういうふうな物っていうのは、あながち嘘ではないよということをね。単に歳が来て、健忘症で忘れ物(笑)、中高年になると、出かける前にあれがない、これがないというのは、あせってくるとちょっとパニックになって忘れるという。これ単にあわてている、歳取ってきた健忘症っていうのはありますから。

必ずしも小悪魔がやっているとは限らない(笑)。必ずしも餓鬼霊がやっているとは限らない(笑)。しかし、そういうこともありうるよということなんで。試しにやってみたらどうかなと。

「三宝荒神さん?」(東海林さん)

三宝荒神さん。荒神はあらがみと書くんですけど、隋の時代に書かれた本に、荒神とは、勾配の「勾」と神は陣地の「陣」ですね。それで勾陣というふうなのが、隋の時代に書かれた五経正義という本に書かれていましてね、中国の古典。

”木火土金水”の土の精の勾陣とあるのが、これをあらがみと書いたのかなと。ルーツはね。そういう隋の時代の文献に出ていたんで、これがルーツじゃないかと思うんですけどね。

だから、荒神、あらがみと書くんです。これメイドインジャパンの仏さまです。役行者さんが大峯山で祈っているときにガーっと出てきたと。顔が三つで手が六本で足が二本。足が六本ならもつれて倒れますからね(笑)。

それで、三宝荒神というのと、三面大黒天、顔が三つっていうのと、これは最澄が比叡山で祈っていたときに出てきた顔が三つ、手が・・・、足が二本。

蔵王権現も顔が三つ、手が・・・、足が二本。蔵王権現は役行者が降魔調伏して人々を救い給えっていったときに出てきたのが、メイドインジャパンの仏さまが蔵王権現。

大峯山を開いたときに出てきたのが三宝荒神、メイドインジャパンの仏さま。最澄が比叡山で祈ったときに出てきたのが三面大黒天、メイドインジャパンの仏さま。

皆、仏さまの化身といわれていますけど、その荒神というのは、私の本当の姿は、大峯山の九山九川これわが本体なりと。私の本体はこの大峰の九つの山と九つの川、これが私の本体だと。

そこのは、大地の”木火土金水”の土の気ですよね。これが荒神さんだというんで、土の気って強いからね。これがいろんな物の魔を祓うといわれているもの。これが真言密教に出る伝説ですし、真言密教を開く、密教というのは、空海が開いたんだけど、その前に役行者さんが直接受け取ったという。

それが修験道の始まりなんで。修験道は神道なんですね。密教的要素を踏まえた神道なんです。またこの話していくと、先々々週みたいな(笑)、大学の講義みたいになっちゃうんで、このあたりにしときますけども。

実際これは必ずしも嘘ではなく、こういうようなことは、伝説というのは古代の人は敏感な感性の人たちは感じとっていることなんでね。ある程度本当ですよと。

単に、健忘症で歳とっているというのもあれば、こういうようなものもありますよ。

「隠しているんですよねぇ」(東海林さん)

僕も子供のときに体験しているんで、だから僕の場合は、置き忘れしたときはいつも、三宝荒神さんにローソク立ててやるとすぐ出てきます。

「じゃ、こんどこの人も三宝荒神さんって」(東海林さん)

そうそう、ニンニク、ニンニクというよりも、三宝荒神、三宝荒神、三宝荒神さんっていうと、置き忘れた物がパッと出てくる可能性ありますねぇ。

出てこないと、単に自分(笑)が健忘症だったんだということで、

「三宝荒神さんとニンニクを試して」(東海林さん)

三宝荒神さん、洋風か和風か(笑)、どっちかに行けば見つかるんじゃないかと思います。そうじゃない場合は、記憶力を高めるサプリをお飲みください。

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしょうかねえ、放送構成作家の東海林さんが山岳信仰って日本だけですかね、ヨーロッパにないですかねっていうんだけど、山岳信仰のルーツはね、いろいろあるでしょうけどもね、モーゼがそうですね。

モーゼはシナイ山に中に入って、あれ私もエジプトのシナイ山に行きましたけども、市内にあるかと思ったら市外でしたけどね(笑)。

今のシナイ山というのは、岩ばっかりでね、こんな所に40日閉じこもったからっていって、みんなが動乱するわけないよって、低くて。上の方で、「おーい、モーゼ」「なんだー」ってすぐ声がかかるような、低い岩ばっかりの山ですよ。

「1、2、3、5、6」(東海林さん)

何?

「4(シ)ナイ」(笑)(東海林さん)

ところが、バイブル、旧約聖書によると、海抜2700m級で、火山があるというんで。今のシナイ山は特に火山でもないし、考古学的発掘してみると、第二神殿以降の遺跡を発掘すると、第一神殿、すなわちモーゼとか、ダビデ王、ソロモン王の時代のものは何も出てこないんで。

だから、バビロン幽囚する前にあったエルサレムと今のエルサレムは違う場所にあるんじゃないかということで、聖書学者がやったら今のサウジアラビアのアッシール地方に古代のヘブライ語とかのアラビア語で、旧約聖書にいう地名がたくさん残っていて、そこは海抜2000m、3000mの山があり、火山もあるんで、その目の前がエチオピアですからね。エチオピアの女王、シバ女王も対面ですから、船で来られた。これが本当のエルサレムだと。

これが本当の第一神殿時代の遺跡なんだと、というのを学者が発表したのを悪魔の書というんで、発売禁止。それをいうと、今のユダヤ教もイスラム教もキリスト教も成り立たなくなるので。

本当の場所は、バビロン幽囚される前と後は違う場所なんだということが、考古学的にだんだん分かってきているわけですね。

そういうことで、山の中の入ったシナイ山で天啓を受けてモーゼが十戒を彫ったと、ヤーベの神との出会いがあったわけで、あれを何回読んだか、十回読んだというんですけどね(笑)。そこが山岳宗教のルーツのユダヤ教、モーゼですね。

だから、日本だけがあるわけじゃない、日本の山岳宗教、日本では役小角がそれを始めたわけですけども、山伏っていうのは、頭に頭襟(ときん)をつけるでしょう。

あれ本当に、嘆きの壁を、僕も行きましたけど、ユダヤのラビがね、おでこにつけていますよ。ユダヤのラビがつけているのは四角い箱なんです。日本の山伏は三角形ですけど。
あの四角い箱の中にパピルスにヘブライ語で書かれた旧約聖書の言葉が入っている、おでこに。それで、手に7回皮を巻くんですね、皮のヒモ。

そうやって、嘆きの壁でこうしながら、旧約聖書をいうっていうのは、まさにラビの姿がそのまんま山伏の姿ですよ。

山伏の頭襟(ときん)。天狗さんも鼻長いのは、ユダヤ人ですよ古代のね。古代にそういう人が日本に来ていたんだと。

日本の神道とユダヤ教が一番似ているんです。ユダヤ教が世界で何に似ているかというと、ヘブライ語で書かれたユダヤ教の教えっていうのは、神道に一番似ているというふうにイスラエルラオという人が石清水八幡宮で、だいぶ前に行われた世界宗教者会議で、日本に来て、ヘブライ語で書かれたユダヤ教を見ると一番似ている宗教は、世界では神道が一番似ていると。

お正月が二度あって、仏教のほうで聖徳太子の時はお盆のほうになって先祖が来るんだけど、お正月のほうは神道のまま残ってますでしょう。古来お正月は二度あったんですよ。
片方が仏教になったのは、聖徳太子が盂蘭盆会の説で、先祖崇拝の中に仏教と結びついて、仏教を日本文化に根差したわけですね。

ユダヤ教も正月が二度あるんです。お祀りするのには、日本の場合は、水とお酒とお塩とお米ですね。ユダヤ教の場合は、水とお酒と塩がついたパン、塩パンなんですよ。パンがご飯になっただけでね。

全くお祀りの要素も同じだと。神道の神主の衣装も本当に旧約聖書に書かれたラビの祀りと一緒で、13才が男だけが元服式を行うっていうのも同じです。

まあそういうようなことで、お祀りっていってもハンサイ、食べ物を供えるっていうのがお祀り、ユダヤ教は。伊勢神宮もすべての祀りは食べ物を供えるんで、共通項多いですね。

だから、そのあたりが日本の山岳宗教といっても、古来のユダヤ教がどこかの時点で日本に入ってきた可能性大なんで、いわば考えたらインターナショナルなんだということで、山岳宗教がまた学術的な話になって、大学の講義みたいに。つい油断すると、私も大学の講義みたいになっちゃうんで。長くなりましたが、また続きは、興味深い話はいつの時かしたいと思います。

ということで、あなたの感想や質問、笑える話、ダジャレ、下ネタ、ちょっとした悩みなどなんでもメールしてくださいね。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経のこの番組ブログの右サイドにある番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度、好きなときに聴くことができます。オンデマンドも、この番組のブログにありますので、聞きのがしたときは是非お聴きください。

それではまた、来週の金曜日の夜11時半に、お相手は深見東州でした。あなたにとって、素敵な週末が訪れることをお祈りいたします。

それではまた、蒙古来襲、宇宙人来襲、円盤来襲、山伏来襲(笑)。
おやすみなさい。



« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/15 テーマは「練習」 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」7/29 テーマは「七福神」 ワールドメイトブログ »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村