フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年4月29日 前半 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年5月6日 前半 ワールドメイトブログ »

2016年5月 4日 (水)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年4月29日 後半 ワールドメイトブログ

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。

2016年4月29日放送分 後半


「ピッチャーの江川卓さんがテレビでゴルフやったの見たら、『なんじゃ、このフォームは』と思って」(東海林さん)

どんなフォーム?

「上段の構えみたいで」(東海林さん)

「僕、一緒にまわったことありますけど、本人いっていました。『中山さん、ドライバーでスピンかけるのオレぐらいですから』って」(中山徹さん)

飛ぶの?

「すごい高く上がっちゃうんです。ダウンブローすぎてね。バックスピンかかっちゃうのよ。ドライバーで」(中山徹さん)

相撲と同じで、きれいな相撲で何でもできるんじゃなくって。得意な技を、突っ張りとか、四つに組んだら強いとかっていう。それをどこまでも極めた人が横綱になるんで。

「そうですよね」(中山徹さん)

ゴルファーもなにか一つの強みっていうのがあったら、それを武器に磨いていくことが、やっぱりチャンピオンになっていくので。

「韓国の女子プロっていうのは、ピッチング1本。1日ずうっと打っているらしいですよ。それで、試合でピッチング持ったら、どーんとピンの根っこへくるわけです。」(中山徹さん)

なるほど。

「だから、何か1本。9番でも、8番でもいいですから、なんか1本だけ、得意なクラブをつくったほうがいいです。そうすると、結構スコアメイクになるみたいです」(中山徹さん)

「それで、韓国の女子プロは、今、大活躍をしているんですよねえ」(東海林さん)

いや、それだけじゃなく、家族ぐるみでやっているし、ハングリーだからね。メンタル強いよね。

野村敏京(のむら はるきょう)ちゃんが、お父さんが日本人で、お母さんが韓国でしょう。ISPSハンダ オーストラリアオープンで優勝して、8年間スポンサーしていて、僕は1回だけいただけですけどね。ちょうど予備校の募集シーズンにあるもんだから。

よくお話しするんだけど、英語が話できるかと思ったら、韓国語の方が得意みたいなんだけど。たしか、ハワイに住んでいるんだよね彼女は。

それで、日本のツアーというと、「日本のツアーはもう韓国ツアーですよ」って。賞金ランク1位から5位までみんな韓国でしょう。アメリカのLPGAツアーも、あれも韓国ツアーですよって。

リディア・コも韓国系ニュージーランドで、オーストラリア1位のミンディリー(?)も韓国系のオーストラリアなんで。韓国系ニュージーランド、韓国系オーストラリアがやっぱり、その国のナンバーワンでね。ミシェル・ウィーもそうでしょう。

LPGAも、あれも韓国ツアーでしょうって。だから韓国の持っているハングリーと精神力、教育のシステム、家族ぐるみでやっていくものが、外国に行っても強いもんね。日本人はちょっとシャイになっちゃうけど。大陸というのと、島国の大きな違いを感じて。

僕は韓国の人達の方が、みんな外交的でフレンドリーで会話も多いし、明るくて、非常に韓国の選手とはウマが合いますけどね。

「よく、優勝すると、日本語で答えてますからね」(東海林さん)

よく勉強してる。

「それに比べると、日本のプロ野球の外国人選手、絶対日本語で答えないですからね」(東海林さん)

いや、時々。最近なんか変な日本語教えられて、なんだったか、面白い日本語いう人いるでしょう。

「ラミレスさんなんかすごく」(東海林さん)

ラミレスは日本人化してるよね。ラミレスがみんなの前でインタビューしようとした時に、変な下ネタをいおうとしていたんで、「それはラミレスよ」といって(笑)。僕がいったんだけどね。会ったことないんだけどね。

「東州さん、野球は」(東海林さん)

阪神タイガースのファンですけどね。甲子園球場の近くで生まれ育ったもんだから。阪神ファンって熱烈でしょう。阪神タイガースっていうのは、西宮えびす神社にいつも参拝するわけね、地元西宮だから。

そこで商売繁盛を祈るね、で、勝負っていうのは、車で何分か北の方に行くと、広田神社というのがあってね、戦争中は軍人がよく来たけど、戦勝祈願を広田神社にすると。

だから、阪神タイガースが負けるのは、広田神社の責任(笑)。そして、阪神ファンが熱烈なのは、西宮のえびすさんのお陰って(笑)。えびす神社の人はそういっているけどね。

だいたい20年サイクルで、20年に1回優勝しますよね、阪神。

「よくいわれますね。阪神20年に1回とか。」(東海林さん)

「今年は、阪神がいいんじゃないですか。」(中山徹さん)

今年はいいぞ、今年はいいぞといってて、すごい調子よくて優勝戦線にいるときに、後半ガタガタときて、結局、いつも定位置で(笑)。

それが、阪神ファンはね、強いのを応援して優勝するのは誰だってできる。強いのだけが野球ではないというね。ここ一番という時に負けるところが、またかわいいんだと(笑)。

徳永さんも、前半は2アンダーだっていったんだけど、結局、後半叩いて8オーバー。

「関西の人って、そういう人が多いんじゃないですか」(中山徹さん)

尻すぼみも多いよね。

「最初はよかったんですけどね」(徳永さん)

阪神タイガースに似てるよね。

「はい、はい(笑)」(徳永さん)

(CM)

今夜の放送いかがでしたでしょうか。ゴルフをすると人格が出ます。僕の場合は、ミラクルショットばっかりなんで、まあ簡単なところで間違うんだけど。とにかく、いいことも、わるいことも楽しんでいくっていうね。研究するのが楽しいという。

かなりのテンプラを・・・。テンプラというのは上がることをいうね。打つとピョーンと上がりすぎて距離が出ないのを日本ではテンプラというんですね、あげるという。

ところが、外国人はテンプラといっても、意味わかんないですよね。外国人はどういうかというと、「スノー」というんです。雪が上からポンと落ちてくるみたいに。外国では、「スノー」「スノー」というんですね。

ゴルフすると、いろんなものが出ますね。よく歩くので、時々オナラも出たりなんかしますけど。これは大変名誉なことで、オナラブルというんですけどね(笑)。

あなたの感想や質問、笑える話、ちょっとした悩みなど、なんでもメールをくださいね。
デカい声で笑っているのは、顔がデルス・ウザーラにそっくりな、やしきじんさんというディレクターなんですけども、今日はあの、スタジオのボックスにはいってないもんだから、笑い声がもろに聞こえるね。

もろびとこぞりてで、モロに出る人ばっかりがこぞっちゃってるんですよ。

メールは、ラジオ日経で検索し、ラジオ日経の番組ブログの右サイドにあります、番組あてメール投稿フォームからお寄せください。

また、この番組をオンデマンドでもう一度好きなときに聴くことができますよ。オンデマンドでも、メンデマンドでも(笑)、ヘッジファンドでも(笑)。

この番組のブログにありますので、聴きの逃したときには是非ともお聴きください。

それではまた、来週の金曜夜11:30。お相手は深見東州でした。あなたにとって素敵な週末が訪れますことをお祈りいたします。いい季節ですよ、これから。

それでは、また来週。蒙古来襲。宇宙人来襲。UFO来襲。

「僕、ナイスショットじゃなくて、ナイスちょっと(笑)」(東海林さん)

ナイスちょっと(笑)。ナイスなのをちょっとだけというね。

「あまり飛ばなかったのでね」(東海林さん)

それではみなさんお元気で、来週お耳にかかりましょう。いろんなものがかかりましょう。

「フックがかかる」(東海林さん)

フックがかかりますね。どうも。終らないじゃないか(笑)。



いつも応援していただきありがとうございます。 ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ
「人気ブログランキング」


« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年4月29日 前半 ワールドメイトブログ | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年5月6日 前半 ワールドメイトブログ »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村