フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年1月8日前半 | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年1月15日前半 »

2016年1月12日 (火)

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年1月8日後半

「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」
ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 23:30~24:00
提供:たちばな出版 みすず学苑
事業家、教育者、芸術家など多彩な顔を持つ深見東州氏が物事の森羅万象を語る新時代の“ラジオエッセイ”です。


2016年1月8日放送分、今回のテーマは「勝負」。後半部分を書き取りました。


たくさん年賀メールをいただきました。年賀メールというのは、本当に念が入っているんで、念が見えるなー、という感じですね(笑)。

年賀メールは、おめでとうだから、だいたいいい念が入っているメールなんで、いい念が見える、ということで、ありがとうございました。

こんなメールもありましたので、ご紹介しましょう。

--------------------------
ペンネーム:チーコのママ
40代、女性。

私、毎晩ご飯の献立を考えるのがイヤなんです。
夫や子供が何を食べたいのか、何もいってくれません。
朝ご飯のときに、今夜何食べたい?って聞くと、今聞かれてもそんなの考えつかないとかいって、答えてくれません。
東州さん、何でもなさっていますが、料理はいかがですか?
そして、献立って考えることありますか?

--------------------------

私は、何でも料理作りますし、海外旅行行ったときに、海外にも会社のもっている家がいっぱいありましてね、イギリスにも、オーストラリアにも、ニュージーランドにもね。

そこが、拠点をつくっていろいろな人を招いたりするのですけど、うちのスタッフを連れて行った。昔、おったスタッフが、「これどうぞ」っていって僕にご飯出すの。

何かというと、梅茶漬け。梅のふりかけ入れるの(笑)。次の日はっていうと、鮭茶漬け(笑)。その次は、のり茶づけ(笑)。ご飯の上に、ふりかけの種類が変わるだけなんだ(笑)。

「いい加減にしろ」といって、「味噌汁は」というと、「わかりました」といってインスタント味噌汁にお湯入れるだけ。結局、お湯入れるだけ(笑)。

それは、おいといて。

己の身は己で守るんじゃ、ということで、なんでもご飯作ります。小さいときから母親も父親も選挙で忙しくて、弟と妹がおったもんですから、小学校の低学年から八百屋さんに買いに行って、そのときに作ったのがチキンラーメンですよ。それから、ご飯を炊いてくれるんですけども、自分でも炊いて。

ですから、なんでも作ります。自分の食べ物は自分で作らないと、身を守らないとですね、スタッフに頼んだら、何食べさせられるかわかりませんよ。

実は私の先生、植松先生、25歳で会った私の師匠、いろんな師匠がいるんですけど。その人がですね、女の、万能な方でね、お華もできれば、お茶もできれば、ケーキの先生でもあってね、料理も何でもできるんです、電光石火のごとく。

準備しながら、お掃除しながら、片付けものしながら、食事やったら、全部キッチンのお掃除も終っているんですよ。

その先生がですね、献立まで考えたことないと。

ご主人がおられ、陸軍中野学校出身で、子供たちが若いんで、おじいちゃんがいるんですよ。

おじちゃんはおじいちゃん用のメニュー、ご主人はご主人で、子供たちより二品多くすると機嫌いいんです。子供はカレーライスとかね。

だから、おじいちゃん用と、ご主人用と、子供用というのを、三世代バーンと同時に全部作るんですよ。

「献立なんて、考えたことないわ」っていいうのね。
「どうするんですか」というと、
「その時にバンバンひらめくのよ」って、

とにかく、あり合わせのもの。スーパーで買ってきたりり、コンビニでも買ってきたり、冷蔵庫に入っているもの。その時のあり合わせものを全部使って、あらゆる種類の味付けをしてですね、やるわけですよ。

だから、この方の答えっていうのは、料理は何でも作るし、何でもできますよ。でも、あんまり手の込んだもの、時間かかるものは、そんなのはレストラン行けばいいんで。

家でやるときには、手早く、だいたい20分あったら五人分の料理が三種類ぐらいだせるかな。40分あったら、五種類の料理を10人前作れますよね。

電光石火のごとくババババっと作って、一気に。それで、味を全部変えるわけですね。バージンオリーブオイルか、あるいはまたいろんな、最近はココナッツオイルも使ったり、
そういうのと、今度は油ものとかの、ごま油ですね。ごま油もいいごま油を使います。アブラカダブラという呪文がありましたけどね(笑)。油って大事ですよね。

そういうことで、油を変える。今度はおつゆにする。だいたい皆、女性が好きなのはイタリアン、野菜をなるべく炒めすぎないで、最小限度みたいにして、ガーリックを上手にして。

醤油はですね、湯浅醤油というのを使って、普通の2倍くらいしますけどね。抜群に美味しいですよ。いい醤油をつかって、あまりお塩を使わないですね。塩分が醤油の中にも入っていますからね。塩分が多すぎると修正が効きませんので。

そういうことでですね。なにもいわないのならば、とにかくあり合わせのものを。オリーブオイルを使った料理にするか、ごま油を使ってやるか、お出汁系統、味噌を使ったものにするか、っていうかたちでですね。中華料理、日本料理、西洋料理。

若い子は何でもお肉、ハンバーグ、カレーライス、入っていたら若い子はOKですよ。中年のご主人は、だいたい二品三品多くて、野菜系統とか、筑前煮。筑前煮がでていたらもういいんじゃないかと。

年寄りは、あっさりしたものがいいですね。いもの煮っ転がしにしてみても、野菜中心に作っていったらいいんで。少しずつ味を変えていくっていうんで。

なにもいわないのならば、自分でどんどん勝手に作っていったらいいんですよ。毎日毎日中華料理だと飽きてくるから、今日は中華風、次は日本風、次は西洋風、次はインド風。若い男の子は、必ずカレーかお肉が入っていたらいいですから。

そういうかたちで、水に凝ったり、ご飯に凝ったり、四季折々の。魚もお刺身だったり、魚が美味しく食べられるように。だいたい煮付け、いいにつけ悪いにつけ、煮付けっていいますけどね(笑)。

魚の鮮度のいいもの、季節のいいもの新鮮なものをもって、どんどん作っていったらいいわけですよ。

味の種類とか、油の種類とか、中華風、イタリア風、西洋風、日本風、味噌を使うとかいうかたちで、いろいろ研究していいお料理を。




いつも応援していただきありがとうございます。
ブログランキングボタンのクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ ワールドメイトへ「にほんブログ村」『ワールドメイト』カテゴリ

「人気ブログランキング」




« 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年1月8日前半 | トップページ | 「深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」2016年1月15日前半 »

深見東州のぜんぶ私の歌、ぜんぶ私の話」カテゴリの記事

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村