フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年5月

2015年5月 6日 (水)

箱根山の噴火警戒レベルが「2」

箱根山の噴火警戒レベルが「2」に引き上げられましたが、
この時期このタイミングで鳴門神事が行われていることに、
神なる導きを感じます。

箱根の観光客に戸惑いも 半径300mに避難指示
テレビ朝日系(ANN) 5月6日(水)10時32分配信
 火山活動が活発化している箱根山について、気象庁は噴火警戒レベルを「2」の火口周辺規制に引き上げました。箱根山近くから現在の状況を報告します。
 (社会部・杉原啓太記者報告)
 規制エリアとなっている大涌谷から2kmほど下った場所に来ています。白煙が強まったり弱まったりを繰り返していて、朝に比べるとかなり弱まっているような印象を受けます。気象庁が噴火警戒レベルの引き上げを発表した6日午前6時には、私はちょうど大涌谷の取材をしていました。蒸気の勢いは5日とあまり変わらない印象でしたが、白煙が濃く、量がやや多いように感じました。現在、火口から半径300mの範囲では避難指示が出ています。それを受け、現場周辺では交通規制が本格化しています。私の後ろを通る道路には、先ほどから下山する車が多く通っています。大涌谷へ通じる県道は1kmほどの区間で現在、通行止めになっています。通行止めが始まる場所には警察官4人が待機し、車で訪れる観光客の退避を促しています。また、箱根ロープウェイを全線で運休、大涌谷へ続くハイキングコースも2kmの区間で通行止めとなり、登山客はルート変更を余儀なくされています。観光客に話を聞くと、警戒レベルの引き上げを受けて早めに帰宅するという人もいて、一部で戸惑いの声も広がってきています。

最終更新:5月6日(水)17時48分

気象庁HPによると、噴火警戒レベルは、次のようになります。
20150506kisyoutyou

2015年5月 5日 (火)

鳴門から、全天宇宙の曼荼羅の霊威が・・・

空海が開いた真言密教の聖地、高野山では、4月2日から5月21日までの50日間「高野山開創1200年記念大法会」が行われています。

法会日程では、5月4~6日は、理趣三昧が行われるもようです。
ワールドメイトの鳴門神事も、このあたりが佳境になるのではないでしょうか。

640pxdanjogaran_koyasan12n3200
From wikimedia Commons/File:Danjogaran Koyasan12n3200.jpg 10:07, 5 May 2015(UTC) License=CC BY-SA 3.0
高野山、壇上伽藍

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村