フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

健康管理に人形形代を書く

初夏のような陽気に誘われて~

いやはや、季節の変わり目だからだろうか、週末に熱がでて体調をくずしてしまった。( ̄ー ̄) 

熱で寝込むのは久しぶりのことだ。
アレルギー改善と、冷え性改善の人形形代を書いたせいだろうか、ふと寝ながらおもった。

鼻炎はなんとか治まったので良かったが、なんだか目にゴミが入っているような、目のなかが、ゴロゴロしていることがある。疲れ目だろうとおもうが、予防のために、アレルギー改善の人形形代を書こうと思いつき今回は書いたのだ。

冷え性改善形代を手に取って眺める。冷え性という自覚は、以前は、まったくなかった。冷え性改善形代と出会ってからは、なんとはなしに、書く方向に気持ちが傾いてしまった。

書き終わったときには、なにも頭に浮かばずに、ただ勢いで書いたのだ。
しかし徐々に頭に思い浮かぶ。冬は布団に入って寝るときには、足が冷えるので、靴下をはいて寝ていること。平熱がすこしばかり低いことなど。

見渡せば自分のまわりも、体調をくずす人間がいて、喘息気味になったり、風邪気味になったりして、それぞれ体調を崩し気味だ。( ̄ー ̄)

大型連休前は仕事もどっさり。休んでいる訳にもいかず、喘息気味な体で、無理やり出社してきた同僚には、かわいそうにと同情した。( ̄ー ̄) ゴールデンウィークは、家でゆっくり休んでいることにするよ・・・。と彼は云った。
体調を崩している同僚の分も、冷え性改善の形代を書いた。予防ということで、書いたつもりだ。

2008年4月19日 (土)

節分祭は終了したが、まだ神事は続く

ワールドメイトから、節分祭終了のメールがきた。ようやくひとつの神事が無事に終わったことに、安堵感。仕事の合間に確認したよ。オフィスはいつもの通り。( ̄ー ̄)
「節分祭が終わったのだ・・・」という安堵感が広がる。

節分祭が終わったといっても、伊勢神事、箱根神事とあるので、まだまだ油断ならない。この6ヶ月以上の長期にわたる神事で、現地の神事会場、支部で、盛り上がりを切らさないようにがんばろうとの呼びかけがあった。本当にそうだ。
現地の様子を衛星放送で紹介していたなかで、羊締山の姿をみた。そのときは、羊締山の天頂に雲があり、蝦夷富士と呼ばれるその姿の全容を見れなかった。その羊締山を思い出しながら、参加者全員で祈りをあわせていった。そういう祈りをあわせるのは、盛り上がっていいものだと感じた。

今年の節分祭では、豆木についての詳細を、いつも以上に詳しく丁寧に案内していた。
豆木の証もメールで配信され、その証を知ったことで、豆木についての救済の意味を、学ばせてもらった。
これからも、ワールドメイト神事に参加し、こういう発見をするのだ。

2008年4月12日 (土)

自分専用のマグカップを持つ

むさくるしい頭をなんとかしろ、といわれて、ヘアサロンへ行ってきました。( ̄ー ̄)

ほんとのところ、千円カットですまそうとしたが、紹介で半額になるからと、紹介カードをくれた。知り合いに紹介すると、紹介した側もサービスされるらしい。ま、千円カットも、千円じゃなくなったし、紹介されがてら行ってみることにした。紹介カードを握り締め、あらかじめ予約したヘアサロンへ行った。( ̄ー ̄)
この週末に殺到ですよ。なんだかイメチェンされる方が多くて。この週末はすごいです。と、いう。無事に髪をカットしました。( ̄ー ̄)

今週、京都に行った知人がいうには、京都はいまが桜が満開だそうです。西側より先に関東の桜が開花が早く、いまは葉桜になりました。これは、ヒートアイランドなのだろうかと、話しましたよ。( ̄ー ̄)

この頃は、天気の話も、二言目には、これも、地球温暖化現象なのだろうかと言い合うようになった。( ̄ー ̄) 

カフェ好き同好会の同僚は、カフェに行くときは、自分専用のマグカップ持参をする。「マグカップを買いなさいよ」と半ば強引に( ̄ー ̄)、マグカップを買うよう薦められた。そして、自分の机の上に、マイ マグカップがある。

そして、水筒も持っている。
支部へくる途中にお茶がほしくなるので、水筒を用意しているという人がいた。それからは、あっという間に皆が水筒を持ってくるようになりましたよ。

水筒は、お湯に粉末コーヒーをいれただけの中身なのだが、これからの季節、気温が高くなるとどうしようかと悩むところだ。

2008年4月 8日 (火)

必要な豆木

満開だった桜も、もう散りはじめました。なんだかあっという間に桜が散ったような。( ̄ー ̄)
ワールドメイトの神事も、秋から冬、そして春になりました。桜の木を見ながらしみじみしてきましたよ。

今年は豆木の申し込みをしようと思ったが、さて、どれを申し込みしようかと悩んだ。( ̄ー ̄)
いつものように、基本の白豆木と黒豆木に、自分と家族や親戚の分を書いた。だが、さあ、次はどの申し込みをしようかと思い悩み、いくつかを選んで豆木を書いた。そして、節分祭のよき日に恩赦特赦が行われることに感謝し、先祖代々の有形無形の罪穢れをお許ししてください、という節分祭の祈りをした。
豆木を申し込んだが、なぜかすっきりこない。だだ、体がだるいという訳ではない。シャツのボタンを掛け違っているのに、本人は気づいていない。そのボタンを直せない感じだ。

スッキリこないまま、日々を過ごしていた。
そういうときに限って、ハッキリわかるときがある。
ワールドメイトのメルマガで、ノンビリムードではなく、真剣に節分祭に向かおう、という知らせがきた。そう、自分はノンビリ生活していたひとりだったと知る。( ̄ー ̄)
ありがたいことに、それは自分に判るように教えてくれた。

よくある行き違いといえば、それで終わりにできない。進行もいつもどおりだし、いつものことだから、と安心してしまったのだ。その、いつものことだから、と確認を取らず、大ポカをしそうになった。結果はうまく収拾したので良かったのだが。( ̄ー ̄)
ただ、先方はヒステリックになるし、こちらはもう最善をつくすしかないから、穏やかに対処しつつ、内心冷や汗ものだった。「狎れ」「増長」という言葉が胸に浮かぶ。
自分の怠りを猛烈に反省。大砲で胸を打たれた瞬間だった。
豆木の申し込みをどうしようか、まだ時間があるからとりあえず明日、とノンビリ構えていたらいけないのだ。( ̄ー ̄)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

seoparts

    • SEOブログパーツ
無料ブログはココログ

ブログ村